FaceIDの仕組みやセキュリティはどうなっているのか?

iPhoneX以降は顔認証機能が搭載されています。誰もが快適に使えるFaceIDについてですが、仕組みなどはどうなっているのか気になりますよね?顔認証機能は全面上部に搭載されているフロントカメラや赤外線カメラや様々なセンサーによって実現されています。

スリープ状態のiPhoneを持ち上げたり画面をタップすることでTrueDepthという機能は自動起動します。起動後、ユーザーが目を開いて端末を眺めているかどうかを認識した後ロックを解除します。ちなみにこの機能は注意知覚機能と呼ばれていて寝ている間など知らないうちに無断で解除されることを防ぐための機能です。

FaceIDの大まかな仕組み

ユーザーが目を開いて画面を見つめているのをスマホが認識したとき、約3万以上の赤外線ドットを顔に投影します。このデータを解析する事で顔の「深さ」や2Dの赤外線画像を作成しセキュリティコプロセッサー「SecureEnclave」に送信されます。「SecureEnclave」内のニューラルエンジンが、受信した深度マップと赤外線画像を数学的モデルに変換して登録された顔データと照合しロックの解除などを行います。これが「Face ID」の大まかな仕組みです。

 

ちなみに顔認証の誤認識でロックを解除できてしまう確率は100万分の1の確率です。指紋認証機能の誤認識で解除できる確率は5万分の1ということを考えるとセキュリティ面で大きく改善されたといってもいいでしょう。

様々な場面で活躍するFaceID

顔認証機能はロック解除以外にもApplepayによる支払いでも可能です。なので支払いのクレジットカードなどをiPhoneに入れておけば、スマホ1つで対応出来ちゃいますので結構簡単に決済が出来ちゃいますね。これからも色々なロックの解除方法も出てくると思いますが、技術の進歩が楽しみですね!

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧