【豆知識】iPhoneの空き容量「その他」って何?

ダイワンテレコム渋谷店です。iPhoneやiPadをitunesに接続した時に下側のデータ容量内訳に「その他」が表示されている事ありませんか?放置しておくと数GBにも達することがあり、容量を圧迫してしまいます。秋ストレージが不足している時は知らないうちに増えている「その他」というデータが原因かも知れません。

 

iPhoneのストレージ容量を占める「その他」とは?

itunesに接続した時に表示されるこのデータ内訳の中の「その他」他にも写真やAPP、書類やデータなどの内訳も確認することが出来ます。実はこの「その他」のデータというのはiOSやアプリが一時的に使用したキャッシュファイルやソフトのアップデートシステム、siriの音声データ等が含まれています。キャッシュファイルと言うのは主に音楽やビデオのストリーミング再生をしたり表示したりする際に作成されます。精密機器であるスマホを使う上で快適にするためにこのキャッシュファイルと言うのは要といっても過言ではありません。そのくらい大事なデータになっています。しかし、その仕組みが時としてあだになってしまう事があります。「その他」に含まれる一時ファイルは、ストレージの容量が少なくなると自動で削除されるので、普段自分で削除する必要はありません。しかし、気になる場合は一括で削除することもできます。

 

その他データを削除する方法

まずはiTunesを使った初期化と復元が挙げられます。iPhoneをケーブルでパソコンに接続してiTunesを開きます。PC上ではバックアップを作成してそれから復元を実行します。iPhoneの初期化が必要になるため全てのデータが一旦削除される為、注意して下さい。

またLINEや各種ゲームのように個別でバックアップを行う必要があるアプリも存在します。復元が失敗してしまう恐れも含めて心配な人は各種アプリの公式サイトなどでバックアップ方法を確認しましょう。

 

そこまで気にする必要性はない

キャッシュファイルやデータというのは基本的にあまり気にする必要がありません。しかし、データ容量がかなりパンパンでもうスマホとして機能しない(写真が撮れない、アプリが開けない等)といったユーザーは是非やるべきだと思います。長く使っていればその分スマホ内にたまる不要なデータも多くなっていきますからね。

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町23−11KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中