有機ELディスプレイと液晶ディスプレイの違い!其の終

 

朝霞、和光、新座、さいたま、戸田、練馬区周辺にお住いのみなさま!

こんにちは、iPhone修理のダイワンテレコム朝霞店でございます!♪

 

 

先日、「液晶の仕組み」に続いて「有機ELの仕組み」について

簡単に分かりやすく解説させていただきました!

 

液晶と有機ELの簡単な仕組みや特長が分かったところで

今回は、遂にその2つについてのメリット・デメリットを比較していこうと思います!!

有機ELのメリット・液晶のデメリット

ここでは、有機ELのメリットを紹介すると共に液晶のデメリットも比較していきましょう!

 

まず一つに、有機ELは使われている材料自体が発行しているので

画面をかなり薄く、そして軽くすることが可能になっています。

 

逆に液晶では、色調で使われているカラーフィルタとは別にバックライトも組み込まれているので

どう頑張っても有機ELよりも薄型になることはありません

 

 

更に、有機ELはその物質自体が発光しているので明確な黒を表現しやすくなっている為

画面のコントラストが高く、更に応答速度も速いことから

動画等を高画質で楽しめて、かつゲーム等の激しい映像も滑らかに再生されるので

圧倒的に映像が見やすいという点があります!

 

その点、液晶ではフィルタの向こう側にあるバックライトが常に光っている為

どうしても明確な黒を表現するのが難しいのです。

それは、暗い部屋で液晶テレビを電源を付けたまま黒い画面にすることで分かると思います。

 

 

次に、有機ELはバックライトがいらないため、消費電力が少ないというメリットもあります!

一般的には有機ELの方が液晶よりも30%ほど消費電力が少ないといわれています。

 

なので、スマホのバッテリーの寿命が短いという問題点を考えた時に、

液晶より消費電力の少ない有機ELは大きなメリットになります!

 

 

最後に加えて、有機ELは視野角がとても広いことで知られています!

液晶の場合、視野角は約90度くらいと言われており

斜めからディスプレイを見た時と正面から見た時の画面の綺麗さに大きく差が出てしまいます。

 

しかし、有機ELを使用していると視野角は約180度ととても広く

どの角度から見ても綺麗な映像が見ることができるのです!

有機ELのデメリット・液晶のメリット

有機ELには様々なメリットが存在しましたが液晶にもメリットはあります!

 

まず、有機ELに比べて液晶のディスプレイの方が安いです。

有機ELは、製造するためにコストがかなりかかってしまうので自ずと製品価格も高くなります。

 

有機ELが使用されている「iPhone Xs/XsMax」が約12万円~18万円に対して、

液晶が使用されている「iPhone XR」は約9万円~11万円に抑えれています。

 

 

更に、有機ELの最大のデメリットと言われているのが「画面の焼き付き」です。

焼き付きとは、残像が見えてしまったり画面の色が黄色っぽくなったりする現象のことを言います。

これは、長時間同じ画面のままにして放置してしまうと起こる可能性があります。

 

この問題に関しては様々な対策がなされているみたいですが、

それでも本体の劣化に伴って焼き付きは起こってしまうようです。

 

 

そして、有機ELは液晶に比べて屋外での視認性が劣っています

有機ELは液晶と比べてバックライトがない為、最大輝度が低い分屋外の光に負けてしまいます。

 

また、輝度を上げ過ぎると先ほどの「焼き付き」の原因にもなります。

そのため、有機ELを採用したスマホは屋外での長時間利用は避けた方が良いのです。

結局どっちがいいの?

というわけで、「液晶」にも「有機EL」にもそれぞれの

メリット・デメリットが幾つか存在することが分かったと思います。

 

これらを踏まえたうえで、自分の現状求めるものに一番合うスマホを選ぶ事をオススメします!

性能面はよく分からないから安ければいい!という方は液晶を。

お金とか気にしないから良い性能を!という方は有機ELを。

色々分かったけど画面の焼き付きが怖い!という方は液晶を

何年も末長く使っていたいんだ!という方は有機ELを。

 

ちなみに私は、2番目の理由から有機ELの使われているiPhone11Proを選びました!!

 

 

それではまた、次のブログでお会いしましょう~!

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

〒351-0005
埼玉県朝霞市根岸台カインズ朝霞3F

070-1303-2774

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中