センサーシフト式手ぶれ補正とは?

朝霞・和光・新座・志木・さいたま市近隣にお住まいの皆さん、こんにちは!

iPhone修理のダイワンテレコム朝霞店でございます^^♪

 

 

今秋、iPhone12シリーズに次ぐ新たな新型iPhoneの発売が各メディアで予想され、

そのスペックの予想も確証性のあるもの・ないもの様々なものが出てきております。

その予想スペックの中に『センサーシフト式手ぶれ補正が全グレードに搭載される』

との記事があります。

 

センサーシフト式手ぶれ補正とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

光学式手ブレ補正との違い

センサーシフト式手ぶれ補正は、現在iPhone12 Pro Maxのリアカメラにのみ

搭載されています。

センサーシフト式手ぶれ補正は、光学式手ぶれ補正よりも手ぶれ軽減効果が

高いと言われております。

 

光学式手ブレ補正では手ブレに合わせるような形でレンズを動かして

センサーに当たる光軸を調整するのに対し、センサーシフト光学式手ブレ補正は

手ブレに合わせてイメージセンサーを動し、光軸を正確にセンサーにあてる方式です。

 

・・・文字で説明されてもあまりしっくりきませんね^^;

 

とにかく!センサーシフト式手ぶれ補正は、現在主流の光学式手ぶれ補正よりも

凄いってことですね!

しかも、現在のiPhoneでは12シリーズの最上級モデルであるiPhone12Pro Max

しか搭載されていないものを、13シリーズ(仮称)全てのモデルに搭載する

いうのですから!

 

これは期待ですね!あくまで噂ですが!

ノーマルシリーズとProシリーズとの差別化

現在iPhone12シリーズでは、

ノーマルの12・12miniがあり、その上に

12Pro・12Poro Maxという上位モデルがあります。

 

機能面でもノーマルとProシリーズに敢えて格差をつけ差別化を図っています。

センサーシフト式手ぶれ補正が新型iPhone全グレードに搭載されるということで、

液晶ディスプレイや容量での差別化を図るのではないか、と謳う記事もありますね!

 

 

兎にも角にも、新型の発表が楽しみでございます^^

また、新型iPhoneの情報を仕入れ次第当ブログにて紹介させていただきます!

 

それではまたのブログでお会いしましょう~!

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

351-0005
埼玉県朝霞市根岸台3丁目20カインズ朝霞店 2F

070-1303-2774

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中