ソニーがスマートフォン向けカメラセンサー市場でシェア1位を継続

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場でございます。

日本メーカーのSONYでは、スマートフォン向けカメラセンサー市場で昨年に引き続き1位を獲得したとの情報が入ってきました。

私もiPhoneユーザーになる前はXPERIA(SONY)のandroid端末を使っていたこともあり、写真を撮るときはiPhoneよりも良かったなと思う時も。

綺麗な画質で写真を撮りたいというユーザーにはXPERIAが一番なのかもしれませんね。

 

46%のシェアで首位のソニー

調査会社のStrategy Analyticsによると、2020年のスマートフォン向けカメラセンサー市場の売り上げは150億ドル(約1兆6,316億円)に達し、前年比で13%増加しました。メーカー別ではソニーが首位を保ち、46%のシェアを持っています。

2位サムスン電子で29%、3位はOmniVisionで10%でした。これらの上位3社で全体の約85%のシェアを占めています。

競争の激化が予想されるスマートフォン向けカメラ市場

2020年は、高解像度センサーを積極的に採用しカメラの搭載数を増やしたスマートフォンメーカーからの強い要望により、新型コロナウイルスの影響はほとんどなかったとのことです。

ソニーはファーウェイに対するアメリカの制裁によって大きな機会を失い、サムスン、OminiVision、SK Hynixがシェアを奪い始めています。

Strategy Analyticsのシニアアナリストであるジェフリー・マシューズ氏によると、今後もスマートフォン向けイメージセンサー(カメラセンサー)市場の競争は激化し、ソニーのシェアは脅かされ続けるだろうと予想しています。

スマートフォン向けカメラセンサーに対する需要は今後も勢いが止まらず、成長が見込まれます。ですが世界全体で半導体の生産が遅延していることから少なからず影響は出るのではと推測されます。

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中