Apple、光学式のディスプレイ下埋込みセンサー特許取得

いつもご覧いただきありがとうございます。

iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店です。

 

2021/7/27、Appleが米国特許庁(USPTO)において、ディスプレイ埋め込み型カメラを搭載し、Face IDとTouch IDを実現し得る特許を取得したことが明らかになりました。

ディスプレイ直下にシステムを搭載

Appleが今回取得した特許は、「ディスプレイを透過した光により、画像認識する電子機器」というもので、ディスプレイ下に埋め込まれた機器を使い、ディスプレイ上の指紋や、ディスプレイを透過した光による顔認証を行おうとする仕組みのものとなります。

 

特許内の項目、光イメージングアレイには、「周囲光検知、近接検知、深度検知、光の受信部、光通信、生体情報(例えば、指紋認証、虹彩認証、顔認識など)の画像化と感知、またはデータ集約の目的で使用することができる」と記されています。

2023年には実用化されるとの噂

アナリストのミンチー・クオ氏は、2023年に発売されるiPhoneのディスプレイに埋め込み型FaceIDが搭載されるのではないかと伝えています。

 

また、、光学式のディスプレイ下埋込み型指紋認証センサーによるTouch IDが搭載されるとも噂されています。

 

今回の特許が実用化された場合、ノッチを設けること無くFaceIDが搭載出来るようになると期待されています。

source:Patently Apple

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧