iPhone修理 イオン板橋店 ダークモードにしても節電できない?


[公開日:2021/08/07]

こんにちは。

iPhone(アイフォン)修理ダイワンテレコム イオン板橋店です。

 

スマホを「ダークモード」に設定すると、バッテリーが長持ちすると思われていますが、米パーデュー大学の調査では、ダークモードにして電力消費量が大幅に減るのは特定のケースに限定され、日常的な使い方では電池の持ちはあまり変わらないと報告されています。

 

同大学の研究者らは、有機ELディスプレイを搭載したスマホに、アプリ6種(Googleマップ、Googleニュース、Google Phone、Googleカレンダー、YouTube、電卓)をインストールし、各アプリを60秒間使ったときの電力消費量を測定して、ライトモードとダークモードでどれだけ異なるかを調べました。

(今回の実験はAndroidスマホのみで行われましたが、有機ELディスプレイ搭載のiPhoneでも同様の結果になるだろうと、研究者らは見ています。)

 

結果、ダークモードでどれだけ電力消費が抑えられるかは、ライトモード時の画面の明るさによるようです(当然?ですが)。

 

明るさを100%に設定していれば、ダークモードにすると39%〜47%電力消費を減らすことができますが、多くのユーザーは、明るさを「自動設定」にしているため、屋内で使用する場合、明るさは通常30%~40%に落とされており、同大学によれば、明るさが30%〜50%の場合、ダークモードに切り替えても、平均で3%〜9%しか電力の節約にならないということでした。

 

明るさの設定をさらに落としている場合、ほとんど節約にはならないようです。

ですので、ダークモードにするか否かは、電力消費のことよりも、ストレスのないご使用方法にすることや、視力に及ぼす影響などを優先するほうがよいのでしょうね。

 

iPhone修理ダイワンテレコム イオン板橋店では、高品質のパーツを使用し、熟練スタッフが、低価格の修理サービスを提供しております。

iPhoneの不具合解消なら、iPhone修理ダイワンテレコム イオン板橋店にぜひお任せください!

 

板橋区・練馬区のお客さま大歓迎です。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております!!

source:iPhone Mania

Photo:iPhone Mania

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧