【2021年版】日本のパスワードの流出率知ってますか?


[公開日:2021/12/13]

みなさんこんにちは!ダイワンテレコム宇都宮店です!

 

スマートフォンやパソコンが身近な現代人にとっては、アプリやサイトでのアカウント作成をする機会が多いかと思います。

そうした時に自分自身のアカウントを守るために必要なのがパスワードです。

私たちは危ないと分かっていながらも、同じパスワードを使用し続けたり、複数のアカウントを同じパスワードで管理したりと、危険だと言われている管理をしている人がほとんどではないでしょうか?

 

2021年、日本で最も使用されたパスワードはやはり単純なものであったようです(セキュリティ企業:NordPass調べ)。

しかしながら、日本と世界を比較するとその最も使用された単純なパスワードは異なっていることも分かりました。

また、世界各国における人口一人当たりのパスワード流出数の平均についても調査を行なったとのことです。

 

今回はその結果に関してご紹介していきます!

 

世界で最も使われたパスワードは?

NordPassはサイバーセキュリティインシデントの調査を専門とする独立した研究者と共同で、世界50カ国に対して調査を行ないました。

 

その結果、、、

 

2021年において世界で最も使用されたパスワードは「123456」で、合計1億回以上も使われたとのこと!かなり安直なパスワードですよね!

 

続いて、第2位が「123456789」、3位が「12345」となっており、パスワードとして求められる桁数が異なる場合に使われたであろうことが推測できます。

 

よく使われている上位パスワードは軒並み1秒以内でアカウントを不正利用できるようなかなり弱いパスワードであるとのこと。

日本で最も使われたパスワードは?

世界で最も使われたパスワードが「123456」であるのに対し、日本で最も使われたパスワードは「password」だったとのこと…!こちらもひねりがありません。

 

今回の調査で日本人があまり日本語をアルファベットにしたものをパスワードには使用していないということが読み取れました。日本語をアルファベットにしたパスワードは15位の「Sakura」、次に登場するのは21位の「takahiro」となっています。

「Sakura」は1秒以内でアカウントを不正利用できるようなかなり弱いパスワードであるのに対して、「takahiro」は3時間ほどかかるとされているため、日本語をアルファベットにしたパスワードは意外と有効かもしれませんね!

日本のデータ流出率はいかに!?

NordPassでは他に、国ごとのデータ流出率を、人口一人当たりの平均パスワード流出数に基づいて計算しています。

それによると、日本の平均パスワード流出数は一人当たり0.68で、世界の中では平均的な数値となっています!

平均とはいうものの、2人の内1人のパスワードが流出していることになるため、安心してはいけません。

 

安全なパスワードを作成するには?

総務省では「安全なパスワード作成」の指針を設けています。

 

(1)名前などの個人情報からは推測できないこと

(2)英単語などをそのまま使用しないこと

(3)アルファベットと数字が混在していること

(4)適切な長さの文字列であること

(5)類推しやすい並び方やその安易な組み合わせしないこと

 

これを参考に今使っているパスワードを見直してみるのもいいかもしれません!

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧