今すぐに切るべき⁉AirDropで個人情報が漏洩!?!?


[公開日:2019/08/02]

こんにちは!iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム大阪梅田店です♪

突然ですが、皆さんはAirDropと言う機能をご存知でしょうか?

AirDropとは

近くにあるAppleのデバイス同士で写真を含む画像やURL、位置情報などを送る事の出来る通信機能で、iPhone同士や、MacBookとiPhoneなどで情報を共有する事が出来ます。

iOS 7から導入された機能で通信方法は短距離無線通信になっています。

また、送信するデータに容量制限もないため、写真や動画でも気軽にやり取りができるので、情報交換の手段としてはかなり便利な機能となっています。

このAirDropはセキュリティが高いと今までは言われていましたが、今回その機能の危険性が発覚しました。

 

通信内容からのクラッキング

これらの機能に使われている無線通信の内容から、OSのバージョン「Wi-Fiに接続しているかどうか?」という情報が漏れてしまう可能性が出てきました。

その程度であれば、まだ安全ではありますが、さらに電話番号などの情報まで漏れてしまう可能性があるとHexway(セキュリティ企業)が実験動画とともに情報を公開しました。

ソフトウェアを利用し近くにあるiPhoneやApple Watchを検索し、各デバイスを識別できるアドレスなどを表示したのが上記の画像となっていて、これを表示させるために掛かった所要時間は1、2分ほどです。

また情報自体は暗号化をされてはいるものの、暗号化された文字列の最初の3桁さえわかれば電話番号やメールアドレス、AppleIDなどの特定が可能になってしまうとのことです。

 

対策方法

職場内であればまだ比較的安心ではありますが、それが例えば通勤・通学の途中であったり、公共の場でクラッキングされ、情報が漏れてしまうとどんな事件に巻き込まれるかわかりません。

対策として、AirDropを利用する時だけ起動させてそれ以外は基本的にオフにする事です。

 

AirDropをオフにする手順

1・コントロールセンターを開きます。

iPhoneの液晶画面下部から上部に向かってスワイプすると表示されます。

2・赤枠内のWi-Fi関係の項目をタップ

強めにゆっくり押す事が画面を開くコツです。

 

3・AirDropのアイコンを押す

4・受信しないをタップ

以上の手順でAirDrop機能をオフにする事ができます♪

オンにする場合も同じ手順を踏んでいただければオンに切り替える事が可能です。

個人情報を守るためにも、AirDropの取り扱いには十分にご注意ください。

 

ダイワンテレコム大阪梅田店では、ほぼ毎日さまざまな情報を発信しています。

毎日の話題作りや、イベント情報のチェックなどにご利用ください♪

 

また、当店WEBサイトにて修理のご予約を頂く事で割引サービスもさせて頂いておりますので、お手持ちのiPhoneが画面割れなどの故障や、バッテリーの減りが早いなどございましたら、ぜひご予約してください♪

 

>>ご予約はこちらから<<



source:Hexway

source:ArsTechnica

Photo:ArsTechnica

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧