iPhone12に搭載予定のA14チップの性能とは


[公開日:2020/01/22]

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

今秋発売予定のiPhone12。

搭載されるチップはA14の見通しですが、処理性能に関しては現行の15インチMacBook Proに匹敵すると推測されています。

 

A14チップについて

iPhone12シリーズで搭載よていのA14チップは台湾のTSMCが単独供給し生産は5ナノメートル(nm)プロセスで極端紫外線(EUV)製造されると見られています。

ちなみに製造プロセスというのはプロセッサ内部の細かさを意味するもので数値が小さくなる程、省電力化、高クロックでの動作が実現します。

これまでA12、A13チップともに7ナノメートルプロセスが採用されていました。

これまでのチップと比較すると今回の5ナノメートルプロセスへの移行は大幅進化となります。

 

15インチMacBook Proに匹敵

5ナノメートルプロセス化されたチップの搭載が実現すれば150億のトランジスタ搭載が可能になると考えられておりデスクトップ向けのCPUを上回る事になります。

米メディアMacWorldの記者は15インチのMacBook Proにも匹敵すると推測しています。

 

CPUと同時にGPUの性能も大幅向上しゲームを楽しむ際、グラフィック性能は50%も向上すると予測されています。

iPhoneとパソコンでは構造やOSが異なる為、比較する対象ではないかもしれませんが、iPhone12は、これまでのiPhoneとは比較できない程の成長を遂げる事は間違いないのではないでしょうか。

 

 

引用元:MacWorld

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧