【iOS14.5】ユーザーが事故や渋滞を報告できる新機能追加?

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店でございます。

iOS14.4がリリースされて約2週間が経ちました。
既にiOS14.5のリリースに向けてベータ版も公開されましたね。
(参考 iOS14.5パブリックベータ1がリリース )

 

今回はこのiOS14.5にインストールされていると思われる、ユーザーが交通事故や速度違反取締装置の設置場所、その他道路状況を、「マップ」アプリを使って報告できる機能を追加するとの情報が入ってきましたのでご報告させていただきます。

「マップ」に報告機能が追加

米メディア9to5Macによると、現在開発者向けにベータ1、および一般登録ユーザー向けにパブリックベータ1が公開されているiOS14.5の「マップ」アプリに、事故や通行止め情報を報告できる機能が追加されているとのことです。

新「マップ」には「Report(報告)」機能が追加され、ユーザーはSiriやCarPlayおよびiPhoneのマップを使って、事故や通行止めなどの交通状況を報告することができるように。

充分な数のユーザーから、事故や速度違反取締装置についての報告があると、マップ上に表示され、情報が共有されるようになります。


 

 

 

この報告機能は、海外で人気のカーナビアプリWaze(Google傘下)、またGoogleマップアプリでは既に実装済み。

ただしGoogleマップではアプリを手で操作して報告する必要があるのに対し、AppleのマップではSiriによる音声での報告が可能となるとのことです。

 

 

 

 

source:9to5mac

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中