AndroidアプリをWindowsで実行可能にする計画が進行中?

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店です。

AndroidアプリをWindows10で実行可能にする計画、Project Latteが進行中とのこと。順調に進めば2021年中にも実現するとWindows Centralが報じています。

計画図は?

Windows Centralによれば、Project LatteではAndroidアプリの開発者が、Microsoftが提供する新しいアプリのパッケージング形式「MSIX」を用いてアプリをMicrosoftストアに送信できるようにすることで、コードをほとんど変更することなく、AndroidアプリをWindows10に移行できるよう計画されているとのことです。

 

Microsoftは以前、Project Astoriaにて、AndroidアプリをWindows10 Mobileに導入する計画を2015年に開始しましたが、2018年に中断しています。

 

Project Latteでは、MicrosoftはWindows Subsystem for Linux(WSL)を利用してAndroidアプリをWindows10で実行可能にしようと計画している可能性が高いですが、実現させるには独自のAndroidサブシステムを提供する必要があり、GoogleはPlay開発者サービスをAndroidデバイスとChromeOS以外にインストールすることを許可していないため、この点を解決する必要があるとWindows Centralは説明しています。

 

現時点では、同様の操作を行うにはSamsungユーザーに限定されており、ネイティブソリューションではなく、単に携帯電話の画面をミラーリングするしか方法が無い状態です。

 

 

 

 

source:windowscentral

source:xda-developers

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中