世界初のグラフェンバッテリーを搭載したスマホが登場?

皆様こんにちは!

 iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店でございます!

 本日は、次世代のスマートフォンにグラフェンバッテリーを使用したスマートフォンが登場するとの情報がありましたのでお伝えいたします!

グラフェンとは?

 

皆様は、「グラフェン」というキーワードは聞いたことがありますか?

グラフェンとは、炭素(カーボン)原子が網目のように六角形に結びついてシート状になっているものです。

2004年に英国・マンチェスター大学の研究者アンドレ・ガイム氏とコンスタンチン・ノボセロフ氏によって、黒鉛のかたまりから単層のグラフェンシートを初めて分離し、その特異な性質の解明に努め、彼らは2010年度のノーベル物理学賞を受賞しております。

 

グラフェンの素晴らしいところは、ダイヤモンド並みの強度を持ちながら軽く・柔軟に折り曲げることができ、電気の伝導率は銀より高く、熱の伝導率は銅の10倍と言われており、シリコンや貴金属の代替品として注目されております。

Appearから3月にグラフェンバッテリーを搭載したスマホが登場

Appearのプレスリリースによると3月にグラフェンバッテリーを搭載した5Gスマホが発売される予定となっており、すでに多くの注文が入っているとのことでした。

 

グラフェンバッテリーを搭載したスマホは、急速充電の利用で20分で100%になることやリチウムイオンバッテリーよりも寿命が長く、電池持ちが良くなると言われております。

また、リチウムイオンバッテリーよりもバッテリー本体を小さく、薄くする事が出来るようになる為、スマートフォン本体の軽量化、薄型化が出来る可能性も秘めているそうです。

Appearは生産をFoxconnインドに委託しており、Qualcomm製のプロセッサが搭載される見通しです。

販売元は70を超える業者と提携しており、全世界的に販売される見込みとのことでした。

source:PRnewswire

Photo:Appear

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中