Apple、iOS14.1への署名を停止

こんにちは、ダイワンテレコム高田馬場店です。

アップルは現地時間の11月12日、iOS14.1への署名を停止しました。
この結果、iOS14.2へアップデートしたユーザーは、14.1へダウングレードすることができなくなっています。

 

OSの脆弱性を無くすため。

新しいiOSがリリースされた後、新たに発見された脆弱性を利用しようとするハッカーからユーザーを守るため、数日後にiOSの旧バージョン用の署名を定期的に停止しています。

セキュリティに加えて、ユーザーが古いOSをダウンロードできないようにすることで、アップルは最新のセキュリティを保持しているとのことです。

 

iOS14.2では絵文字が増えた。

iOS14.2では、動物、食べ物、顔、家庭用品、楽器、性差別のない絵文字など、100種類以上の新しい絵文字、ライトモードとダークモード両方のバージョンでデザインされた8枚の新しい壁紙が利用可能となりました。

機能面でも、MagSafe対応iPhone12のケースに対応。ヘッドフォンの音量通知機能によって、音量が聴覚に影響を及ぼす可能性があるときにアラートを出してくれます。
また、コロナ禍の対策として接触通知に関する統計情報を、個人を特定しない形で対象の公衆衛生当局に提供するオプションなどが追加されています。

source:Appleinsider

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中