iPad 9の次世代モデルはiPad Air並みの薄さや軽量化?

コストパフォーマンスが高く人気のある10.2インチiPadシリーズの新情報がでてきました。
次世代モデルとなる第9世代の新しいiPadですが、なんとiPad Air並みの薄さ、軽量化が実現される可能性があるようです!
しかし、一方では、iPad Proシリーズが搭載されるシステムオンチップの性能向上のみにとどまりそうとの可能性があるようです。

6.3ミリの厚さ、重量は460グラムか

中国サプライヤーからの情報としてMacお宝鑑定団が伝えたところによると「第9世代となる10.2インチiPadは、厚さが第8世代の7.5ミリから6.3ミリに、重量も同じく490グラム(Wi-Fiモデル)から460グラムに軽量化される」とのことです。
第4世代のiPad Airは厚さ6.1ミリ、重量が458グラム(Wi-Fiモデル)になるのではないかとのことなので、かなりiPad Airに近い筐体となるようです。

しかし、厚さや軽量化などがされる一方では、Touch IDやLightningポートは第8世代のiPadと同じく搭載される見込みであるとのことでした。
Touch IDがiPad Air(第4世代)と同様にトップボタンに内蔵されるのか、それともその他のiPadと同じく前面のホームボタンに内蔵されるのか…そういった部分まで現状ではまだわかりません。
しかし、iPad AirのようにLightningを継続採用する部分を考えますと、iPad Airとの差別化を図るため、前面に搭載される可能性もあるかもしれません。

iPad Proの次世代モデルはSoCの高速化のみにとどまるか

iPad Proの次世代モデルですが、ディスプレイサイズや筐体は変わらない見込みであるとも伝えられました。
SoCであるAシリーズ自体は高速化されるよう模様ですが、iPadに比べると小変更にとどまる可能性がありそうです。

厚さや重量が軽量化されるとなりますとかなり需要性が高まりそうですね。

Source:iPhoneMania
Source:Macお宝鑑定団 via AppleInsider
Photo:Pixabay

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町23−11KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中