iPhone13 Proは超広角カメラにセンサーシフトを搭載

いつもご覧頂きありがとうございます。

iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店です。

 

台湾のメディアが今年の秋に発売されると噂のiPhone13Proモデルのカメラで、「超広角カメラ」にセンサーシフト光学式手ブレ補正が採用されるのではないかと報じています。

センサーシフト光学式手ブレ補正が全モデルに展開か

最新モデルのiPhone12 Pro Maxにおいて、初めてセンサーシフト光学式手ブレ補正が導入されました。

このセンサーシフト光学式手ブレ補正は全てのカメラに導入されている訳ではなく、広角、超広角、望遠の3つのカメラのうち、広角カメラのみでとなっています。

 

iPhone12シリーズではiPhone12 Pro Maxのみの導入でしたが、次期発売のiPhone13シリーズでは、最上位機種であるiPhone13 Pro Maxだけでなく、全モデルに展開されると報じられています。

iPhone13Proシリーズでは超広角カメラにも採用

iPhone12 Pro Maxでは上記の通り3つのカメラのうち、広角カメラのみの導入でしたが、iPhone13Proシリーズでは広角カメラのみではなく「超広角」にもセンサーシフト光学式手ブレ補正とオートフォーカスが採用されるのではないかと報じられています。

 

さらに、Appleが2022年発売のiPhoneにおいては、フロントカメラにもセンサーシフト光学式手ブレ補正とオートフォーカスを採用する可能性を示唆しています。

source:DigiTimes

source:iMore

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号 小田急エース内

0120-882-463

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中