「持ち物のセーフティ通知」はストーカー防止になる機能

iOS14.5は現在ベータ3まで開発者や登録ユーザーがダウンロードでき、今回のベータテストでは"探す"アプリに新機能が追加されました。
「持ち物のセーフティ通知」というものが追加されています。

新機能はどんなことができる?

iOS14.5ベータ3で追加された「持ち物のセーフティ通知」という項目は「探す」アプリ内の「自分」タブに含まれる「通知」部分に追加されており、確認ができます。

「持ち物のセーフティ通知」ですが、" 誰かが持ち物の中にAirTagsのような追跡可能なトラッカーを忍ばせて、ストーカー行為を働くのを防止するための新機能 "とのことです。

この設定はオフにすると警告が表示される

このトグルはデフォルトではオン(緑)の設定になっています。
また、この設定をオフ(グレー)にしようとすると、警告がポップアップ表示されます。

この機能をオンにしておくことで、誰かに位置情報が追跡できるAirTagsやTileといったデバイスが万が一勝手にカバンなどに入れられた場合、この設定をオンにしているiPhoneがそのトラッカーを見つけだし、警告をしてくれるというわけです。
そして、このトラッカーから現在地情報が送信されることも防いでくれます! 

3月にオンラインイベントをAppleが開催しますが、その際にAirTagsなどを発表すると予想されています。

Source:iPhoneMania
Source:Benjamin Mayo/Twitter via MacRumors

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町23−11KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中