iPhone12 Proシリーズにもエコな修理システムが適用

皆さんこんにちは!ダイワンテレコム宇都宮です!

 

先日、購入したばかりのiPhone12ProMaxを落としてしまい、背面ガラスが割れてしまったお客様がご来店されました。

残念ながら当店は正規修理サービスプロバイダーではないので、背面ガラスの修理をお受けできないと丁重にご説明させていただきました。。

背面ガラスの修理に関しては、正規店では端末の交換になるみたいですが、

iPhone12シリーズにおいて、新たな修理システムができたようです。

 

詳しく述べられている記事をご紹介します。

 

Appleは今年2月、iPhone12とiPhone12 miniについて、

背面ガラスにひびが入った場合でも端末全体を交換しなくて済む、新しい修理方法を導入しました。

 

米メディアMacRumorsによると、同社はこの「iPhoneリアシステム」と呼ばれるエコな修理方法を、iPhone12 Proシリーズにも適用させたようです。

 

背面ガラスひび割れは従来まるごと交換対象だった

従来はiPhone12の背面ガラスにひび割れが入った場合修理は行われず、新品と交換になるのが常でした。

 

しかしAppleは、ディスプレイとリアカメラ以外のすべての部品をまとめた「iPhoneリアシステム」という部品を作り、

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダが前述のような背面ひび割れの場合でも、店頭で修理が行えるようにしました。

 

iPhone12 Proシリーズ向けiPhoneリアシステムが用意

このiPhoneリアシステムは当初、iPhone12とiPhone12 mini向けのみが用意されていましたが、

現在はiPhone12 ProとiPhone12 Pro Max向けも準備されているようです。

 

つまり、背面ガラスがひび割れたiPhone12 ProをApple StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込むと、

ディスプレイとリアカメラ以外の部分を入れ替える形でその場で修理してもらえます。

 

AppleはこのiPhoneリアシステムを、環境保護の一環と考えているようです。

 

今回、アイフォンの背面ガラス修理についてお伝えしましたが、背面にはAppleロゴが入っていますので、

破損してしまった場合は、正規修理サービスプロバイダーへ持ち込みください。

画面割れ修理はダイワンテレコム宇都宮にお任せください!

 

 

 

 

source:iPhone Mania

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-0904
栃木県宇都宮市陽東6丁目2-1 ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中