【iphone修理工程】iPhoneSEのバッテリー交換

皆さんこんにちは!

ダイワンテレコム盛岡店です。

 

当店は本日も元気に20:00まで営業中!

iPhoneiPadの修理のほか、パソコンやゲーム機器の修理も受け付けております。

Androidの修理も始めました!

お気軽にご利用ください♪

 

今回は、iPhone5世代のバッテリー交換の様子をご紹介します! 

iPhoneSEの修理工程

 

今回のお客様のバッテリー容量は79%

85%が交換の目安と言われているため、かなり劣化している状態です。

 

まず初めに、iPhoneを開きます。

5シリーズは他のiPhoneとは違い、ボタンと基盤を繋ぐコネクタがこのようについています。

いつものようにiPhoneを開いてしまうとこの線が断線してしまい、使えなくなってしまうので注意が必要です。

 

このコネクタは下にカバーがついているため、カバーを外してからコネクタを外します。

 

次に、この部分にバッテリーのコネクタがあるため、金属板を外してコネクタを外します。

 

画面と本体とを完全に外してからバッテリーを外せばいいのに・・・

と思われるかもしれませんが、何かの拍子に電源が入ってしまうという事故を防ぐため、iPhoneを開いたら真っ先にバッテリーのコネクタを外します。

 

次に、この部分に画面と本体を繋ぐコネクタがあるため、金属板を外してからコネクタを外していきます。

液晶のコネクタはこのように重なり合っているため、慎重に外していきます。

 

これで画面と本体を分けることができました。

 

それでは、ようやくメインのバッテリーを取り外していきます。

バッテリーは強力な粘着テープで固定されているため、ドライヤーで念入りに温めます。

 

画像を見ていただけるとわかると思いますが、バッテリーの左下がゆがんでいますね。

これは、粘着テープを引っ張り出す際に途中で切れてしまったので、バッテリーを持ち上げてテープを引き出しました。

 

バッテリーは少しでも傷をつけてしまうと発熱したり、発火したりしてしまうので注意が必要です。

 

新しいバッテリーを取り出して動作確認をした後、このようにテープを貼り付けます。

あとはコネクタやカバーを付けていき終了です! 

最後に

少し話は変わりますが、充電ができなくなってしまう原因はバッテリーの不具合でも発生しますが、ドッグコネクタに埃などが詰まってしまうことでも発生します。

 

詰まったほこりが湿気を吸収すると、そこからドッグコネクタが腐食してしまうことがあります。

その場合にはドッグコネクタを交換する必要があります。

 

事前に防ぐためにも、定期的に詰まっていないか確認をしたり、埃の多いところに放置しないことが大切です。

 

当店ではバッテリー交換は最短15でお渡し可能です!

盛岡地域最安値のお値段と各種割引をご用意しております。

ぜひご利用ください♪

 

iPhone修理のダイワンテレコム盛岡店は、盛岡駅から徒歩1分!

フェザン本館1Fにて営業中です!

ご利用お待ちしております♪

この記事を書いた店舗情報

盛岡店

020-0034
岩手県盛岡市盛岡駅前通1−番44号 盛岡フェザン 本館 1階

019-613-8665

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中