iPhoneの発熱の原因はどこに・・・?

こんにちは!

ダイワンテレコム大森駅前店です(^^♪

iPhone×Androidの修理はお任せください♪

 また、アイフォンやアンドロイド以外にも

iPad・switch・ゲーム機などの修理も受け付けております♪

 

本日はiPhoneの発熱について色々お話ししたいと思います!

 

iPhoneをお使いのお客様で本体がすぐに熱くなってしまうことがあるかと思います!

iPhoneが熱くなってしまう原因としては・・・

・バッテリーの故障

・充電器を挿しながら使用していた

・基盤自体が発熱している

以上の3点が主に考えられる原因となります

 

本体が熱くなってしまった場合どうすればいいのか???

 

まず初めにバッテリーの故障の場合でしたら速やかに修理することをおススメします!

バッテリーの発熱が原因で携帯が動かなくなってしまうという事もあり得ます!

判断基準としては特定の条件下ではなく普通に携帯を少し操作しただけでも熱くなってくる場合はバッテリーの故障が可能性高いです(>_<)

あとは、iPhoneを裏返した時に右側に熱を持っている場合には、バッテリーの発熱でほぼ間違いないでしょう!

 

次に充電器を挿しながら使用していた場合ですが

こちらはバッテリーへの負荷が非常に多く発熱してしまうという形になります

対処方法はなるべく充電しているときは操作をしないようにすることです!

充電器を挿しながらの使用は発熱もありますしバッテリーの寿命をどんどん短くしてしまいますので気を付けましょう!!

 

最後に基盤が発熱してる場合ですが

こちらはすぐに機種変更をした方がいい状態になります

また、基盤の発熱は判断が非常に難しいので

1度当店へもってきていただければご対応いたします♪

 

以上が説明になりますが

他に気になることがありましたらお気軽にご相談下さい♪

 

当店ダイワンテレコム大森駅前店は

大森・蒲田・大井町・品川・川崎

沢山の地域からお越しいただいております!

 

 

東京都大田区山王2-2-15

ダイワンテレコム大森駅前店

03-6303-7746

この記事を書いた店舗情報

大森駅前店

143-0023
東京都大田区山王2丁目2−15

03-6303-7746

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中