《名古屋市守山区》iPhone11減りが早いバッテリーの交換ご依頼

【総務省登録修理業者】

iPhone修理のダイワンテレコム名古屋今池店です。

今回は「《名古屋市守山区》iPhone11減りが早いバッテリーの交換」をご紹介します。

iPhone11は2019年9月に発売された同シリーズ唯一の液晶パネル(LCD)でiPhoneXRの後継機となるべく端末です。バッテリー容量は3,110mAhと大容量で[ビデオ再生時間]-約17時間,[オーディオ再生]-約65時間と現代人スマホの使用時間に耐久力を持ったスペックになっています。

 

早速ですが、↑はiPhone11の液晶パネルを開封した状態です

内部構造的にはiPhoneXやiPhoneXSとは違い

基板やバッテリー形状・配置などはiPhoneXRと似ています。

 

バッテリーの固定シールは上下3カ所づつ配置されていますが

上部のシールは非常に見えづらく取り外しづらいです。

↑バッテリーシールを剥がした状態

ここまで来たらシールを外しやすくする為、一度本体裏側を軽くあたためます

バッテリーと水平方向にテープを引っ張る

バッテリーテープは負荷がかかると切れやすいのでできる限りバッテリーと水平方向にゆっくり引っ張ります。(引っ張る際も周囲の部品に引っかからないように慎重に)

↑上部の次は下部のテープ3カ所も同じようにテープを外します。

テープが切れてしまったら、焦らずに周囲の部品を外してからバッテリーをゆっくり剥がしてあげる方法もあります。

iPhone11専用のバッテリーシールを施工

iPhoneバッテリーは機種ごとにサイズや形が違う為、それに合わせたバッテリーシールの形も違います。

↑施工前のバッテリーシールを本体に充てがって見ると専用シールの形の意味が見えてきます。

バッテリーシール施工手順

①バッテリー裏にシールを貼る

②本体側にセットする

の流れで行います。(写真略)

 

iPhone11のバッテリー交換後はバッテリーの最大容量表示がされなくなりますので予めご了承の上交換修理となります。 

 

さて、今回のブログ「iPhone11減りが早いバッテリーの交換」いかがでしたでしょうか?

他にもiPhoneのリアカメラレンズ割れ修理なども行なっておりますのでお困りの際はお気軽に今池店スタッフまでご相談ください。

↓《修理科目一覧》↓

画面割れ・液晶不良(タッチ不良・変色など)・バックカメラレンズ割れ・カメラ交換(ピントブレ・真っ暗・フラッシュライト点かない)・基板修理(部品交換しても起動しない・充電できない・タッチ操作できない・カメラが映らない・リンゴループになるなどなど)

↓《対応機種一覧》↓

iPhone/iPad/iPodTouch/Xperia/HUAWEI/Galaxy/

ZENFONE/ASUS/Xaomi/Redmi/Nintendo Switch/

AQUOS(一部)/MacbookPro(バッテリー交換)などの

修理・買取を行なっております

iPhone/iPadは一部を除き即日修理可能ですがその他の修理に関しては部品お取り寄せの対応となることもありますので予めお電話などにてご確認ください。

 *部品のお持ち込み修理も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様からのお問い合わせ・ご来店お待ちしてります。

 

スマホ・タブレット修理/買取するなら

【ダイワンテレコム名古屋今池店】

\\最後まで修理ブログをご覧いただきありがとうございました//

《総務省登録修理業者》

【ダイワンテレコム名古屋今池店】 

《営業時間》10:00~19:00

《定休日》火曜日

《LINE》 @d-nagoya  

《WEB予約》エアーリザーブ   

この記事を書いた店舗情報

名古屋今池店

464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1丁目8−8今池ガスビル 1F

080-9708-9037

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中