マスクの上からFaceIDを認識させる方法!

こんにちは、iPhone修理・アンドロイドスマホ修理のダイワンテレコム高田馬場店です。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、感染防止対策として外出時はマスクをするという方がほとんどかと思います。

そこでiPhoneX以降の機種をお使いの方が困ってしまうのが、マスクをしたままだとFaceIDが認証できず画面ロックを解除できないこと。

マスクを下げればもちろん解除できるのですが、衛生的にも好ましくないですしなにより不便ですよね。

そこで今回は100%ではありませんがマスクをしたままFaceIDを認証させる方法をご紹介致します!

マスクをしたままFaceIDを認証させる方法

まずは半分未満だけマスクした状態を、FaceIDの「もう一つの容姿を登録する」で登録します。

やり方は、まず新品のマスクを半分程度に折って片耳に掛けます。

マスクがぶら下がる形になるかと思いますので、片方の手でマスクをおさえます。

この時のポイントは顔の四分の一以上覆わないこと。

気持ち半分以上口を出すような形にしてください。

半分以上覆ってしまうとFaceIDが認識してくれません。

この状態を「設定」アプリから「FaceIDとパスコード」の項目内の「もう一つの容姿を登録する」から登録してください。

登録方法は以上です。

効果のほどは?

こうしたやり方は複数のメディアで紹介されていますが、成功した方もいればうまくできなかったという方、登録後最初の数回は失敗したものの何回目かで成功した(端末が学習したためと思われます)と結果はまちまち。

マスクの素材や形も関係あるようなので、どうしてもマスク姿でもFaceIDを使いたい!という方は根気よくチャレンジしてみてください!

source:iPhone Mania

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中