リンゴループ(起動しない)iPhoneを復活させる方法・解決策

こんにちは

ダイワンテレコム梅田本店でございます。

お店のリニューアルに伴い、お客様には大変お待たせしておりますが

11月のオープンまで今しばらくお待ちいただければと思います!

 

さて、こうして記事を書かせていただきましたが何から話せばいいのやら・・・。

なるべく皆様のためになるようなことを紹介したいのですが。

こういう時は少し落ち着きながら考えてみることにします。

そういえばAppleから来月にiPhoneX(テン)が発売されますね。iPhone初のホームボタン廃止、iPhone初の

FaceIDでの認証。見た目もガラッと変わり画面がより大きくなりました。

 

ん?アップル・・・?

 

みんな大嫌いリンゴループ

iPhoneが突然消え、点いたと思ったら真っ白な画面で止まる。

リンゴマークが点滅するように表示される。

先に進めない!!なんてことはありませんか?

こちらは部品交換ではどうすることもできない厄介かつ

個人的に大嫌いな症状です。

「リンゴループ」と人は呼びます。

名前の通りループを繰りかえし、断固として先には進ませてくれない固い意志を持っています。

 

原因はなにか

何故この症状が発生するのか、いつ発生するのか。

残念ながら明確な回答差し上げることは出来ません。

主な原因としては以下のようなものが挙げられます。

 

・起動するために必要なファイルが破損したなどの影響で読み込めず起動前にクラッシュ(再起動)してしまっている

 

・インストールした脱獄アプリが悪さをして起動することが出来ない

 

・iosアップデート中に充電が切れる、wifiが途切れる

 

・iPhoneのバッテリー劣化

 

・水没後

 

・容量の不足

 

・OSが最新のものではない

など

 

対策、解決方法

リンゴループが起こってしまった後、どうすれば直るのか。

一番簡単な方法は「復元」状態に戻してしまいます。iTunesと同期する必要が

あるためPCが必須です。ただし復元は出荷状態に戻してしまうのでバックアップはない

場合は0からのスタートになります。

それ以外に方法はないのか?やはりデータが消えずに復活させたい方が大半かと思います。

 

①リセット

何か症状が発生した際はまずリセット(再起動)を試してみます。

7より前の端末はスリープボタンとホームボタンを長押しして画面が完全に消えるのを

待ちます。7以降の方はスリープボタンと音量調整ボタンの同時押しで再起動ができます。

 

②セーフモード

電源ボタンとボリューム調節の上を長押ししながら起動するとセーフモードで起動されます。セーフモードはアプリを起動せずにOSとシステムに組み込まれたアプリケーションだけを起動する事になります。これによって、リンゴループから先へ進めることがあります。

 

③SIMカードを抜いた状態での起動

SIMに原因があればこの方法で直る場合があります。

 

④バッテリー交換

バッテリーが劣化しているとまれにリンゴループが発生することがあります。

部品交換で直らない場合は本体側のシステムエラーの可能性が高いです。

 

⑤リカバリーモード

こちらは復元をする際の動作、最終手段になります。

ホームボタンを押したまま充電ケーブルを挿すとリカバリーモードに入ります。

iTunes側で「復元」か「更新」か選びます。

「更新」はOSを最新のものにアップデートしてリンゴループから脱出することができます。

データも消えないのでまずはこちらの方法を試してください。

 

どの方法でも駄目だった、更新もできない状態だった。

この場合は申し訳ありませんが復元以外でしか直すことができません。

バックアップを取っている場合は復元の後バックアップを取っていたデータで

その時点までデータを復活させることができます!

 

見えない視覚から襲い掛かるリンゴループ・・・。

一度入ってしまうと抜け出すことはほぼできない魔の沼地です。

バックアップはこまめに取りいざという時に備えてくださいね!

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中