「iCloudキーチェーン」知っていますか?

みなさんこんにちは!

ダイワンテレコム祖師谷店でございます。

今年も残すところ数日…

もうすぐお正月ですね!

みなさんはどのような年末を過ごすのでしょうか?

筆者は寝正月の予定です(笑)

 

感染症には気を付けてお正月を楽しんでくださいね♪

 

さてさて本日は、iPhoneでログイン情報を自動入力できる「iCloudキーチェーン」を簡単にご紹介していきます。

 

みなさんはウェブサイトのログインパスワードの入力を面倒だな、と感じたことはございませんか?

そんな時は、iPhoneなどのiOSに搭載されている「iCloudキーチェーン」という機能が活用できます!

この機能を有効にすると、標準ブラウザ「Safari」で入力した情報を保存し、次回の入力時に自動で入力できるようになるんです( ゚Д゚)!!

(保存される情報はユーザー名(ID)やパスワードなどのログイン情報のほか、クレジットカード情報、Wi-Fi情報などです。)

 

これを知っていたら、あのめんどくさいアドレス入力やパスワード入力が簡単にできちゃいますよ~☆

iCloudキーチェーンの仕組み

「iCloudキーチェーン」は、iOS7以降のiPhone、iPad、iPod touchと、OS X 10.9以降のMacで、標準ブラウザの「Safari」に入力したウェブサイトのログイン情報やクレジットカード情報、Wi-Fi情報を保存し、入力時に自動で入力できるようにするものです。

 

同じApple IDでiCloudにサインインしている端末間で利用できます。

これらの個人情報は、保存および転送時には暗号化され、Appleがその情報を読み取ることはできない仕組みになっています。

この機能を使うことで、標準アプリの「メール」「連絡先」「カレンダー」「メッセージ」で使用するアカウントを、利用するすべてのiOS端末とMacで最新の状態に保つことができるんです!

難しいけど凄い!

 

 

 

iCloudキーチェーンの設定

それではiCloudキーチェーンの設定を実際にやってみましょう!!

 

①iCloudキーチェーンをオンにする

 

 

 

②ホーム画面から「設定」を起動し、「iCloud」をタップします

 

 

 

 

③iCloudの設定画面が開きます。下へスクロールして、「キーチェーン」をタップします

 

 

 

 

④「iCloudキーチェーン」をタップしてオン(緑)にすると、設定完了です

 

 

 

 

はじめてオンにするときは、iCloudへのサインインを求められます。ここで、iCloudセキュリティコードの作成と、電話番号を登録します

これでiCloudキーチェーンを利用できます!

設定を完了したら、Safariを起動して、ログイン情報を保存してみましょう。通常の手順でログインすると、自動で保存されていきます。

 

いかがでしょうか?少しだけ面倒なパスワードの入力が楽になったかと思います。

お正月親戚との話題にご活用ください(^^♪

 

それではまた次回の投稿もお楽しみに!!

 

 

この記事を書いた店舗情報

祖師ヶ谷大蔵店

〒157-0073
東京都世田谷区砧6‐28‐6

03-5727-2124

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中