Safariが位置情報を取得する理由と、位置情報を無効にする設定方法

iPhone修理ダイワンテレコム梅田店です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

iPhone標準のブラウザアプリ「Safari」でWebサイトを見ていると、位置情報の取得許可を求められることがあります。

 

~~が現在の位置情報を利用します。よろしいですか?

というポップアップは、デフォルト設定では毎回表示されるため、邪魔だと感じることも多いのではないでしょうか。

 

当記事では、Safariで位置情報の取得をオフにする方法や、Webサイトが位置情報の取得を行う理由などを説明いたします。

 

Webサイトが位置情報を取得しようとする理由とは?

閲覧しているWebサイトが急に位置情報を求めてくると、何に位置情報を使っているのか不安になりますよね。

Webサイトが取得した位置情報は一体何に利用されているのでしょうか。

 

 

Googleが位置情報の取得を求めてくる理由

 

Safariでワード検索を行ったときに、Googleが位置情報の取得を求めてくる場合があります。

Google検索には、ユーザーの位置情報をもとにより近くの情報を優先的に表示するという機能があり、Google検索が位置情報を求めてきたときは、この機能の利用許可のために位置情報を取得することを意味しています。

 

例えば、近くのコンビニを探したい時に「コンビニ」というワードで検索すると、位置情報の取得を許可していれば自動的に現在地から近いコンビニの場所を表示してくれます。

一方で位置情報の取得を拒否していると、近くのコンビニを探すのにわざわざ地図アプリを開いて手動で探す必要が出てきてしまいます。

 

同じように、Googleで「居酒屋」「病院」「ATM」「駅」などを検索したときに自動でそれぞれの施設の場所を教えてくれるのは、SafariがGoogle検索に位置情報を提供しているからです。

 

このことから、Googleが位置情報の取得を求めてくるのは「利便性のため」と言えるでしょう。

 

 

検索以外のときに位置情報の取得を求められる理由

Google検索以外のWebサイトでも、位置情報の取得許可を求められることがあります。

これらは大半の場合、Webサイトに埋め込まれたマップなどが現在位置を確認するために位置情報使用の許可を求めています。

 

Google検索の場合と同じく、位置情報の取得許可を行うことで利便性が向上する場合も多いですが、位置情報の取得を拒否してもWebサイトを閲覧する上では特に問題がないといったことも多くあります。

 

Webサイトを見ていて急に位置情報の許可を求められたら、

「自身がどのような目的でそのWebサイトを閲覧しているか」

「位置情報を教えることで利便性が向上するWebサイトなのか」

ということを確認してみましょう。

 

問題がなければ位置情報の取得を許可し、不安に感じるところがあれば拒否してしまいましょう。

 

Safariで位置情報の取得をオフにする方法

Safariの設定を変更することで、位置情報の取得をすべてオフかすべてオンにし、取得許可のポップアップを表示しないようにすることができます。

位置情報を利用したくない、ポップアップが邪魔だと感じる方は、この設定を行っておくといいでしょう。

 

1.[設定]アプリ > [Safari] をタップする

 

2.[場所]をタップする

 

3.設定したい項目を選ぶ

 [確認]はデフォルト設定

 [拒否]は位置情報の取得オフ

 [許可]は自動で位置情報を取得する

 

 

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中