AppleWatchを数分速く設定する方法

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場でございます。

社会人になると5分前行動などが当たり前になってきますよね。
普通の時計だったら5分ほど早めておくなどしている人も多いかと思います。

ですがスマートウオッチはどうでしょうか?電波時計と一緒で基本的に秒数すらずれることもないですよね。
今回はiPhoneと対になるスマートウオッチ、Apple Watchの時間をずらす方法についてご紹介させていただきます。

 

Apple Watchの時間表示を早めるには?

Apple Watchの「設定」アプリを開きます。
 「時計」まで、下へ向かってスクロールします。




「文字盤の表示時間を進める」で、「+0分」と現在時刻が並んでいるボックスをタップします。




デジタルクラウン(右にあるクルクル)をまわして、進めたい時間を設定。



最初の画面に説明があったように、この設定によって早められるのは
「全てのアラートや通知は正しい時間に受信されます。この設定は文字盤に表示される時間のみ」とのこと。
一番最初の画面のみ変えられるということですね。

時計の表示を早められるのは1分〜59分までとなります。


source:Appleinsider

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中