バックアップの知識

バックアップとは、iPhoneの中に保存されている写真や音楽、動画、連絡先、アプリなどをiPhone以外の場所に保存しておくことです。

 

iPhoneは精密機械なのでいつ壊れるかわかりません。

故障に備えて普段からバックアップ取ることを勧めています。

 

iPhoneのバックアップには2種類の方法があります。

iCloudを使ったバックアップ方法

「Apple」が提供するクラウドストレージサービス「iCloud」を用いて、ネットワーク経由でバックアップを行う方法です。

 

iPhone内のデータをクラウド上にあるデータセンターに保存するサービスで、大きなストレージ(データ保存領域)があるPCやHDDなどの別のデバイスを購入する必要がないのが大きなメリットです。

 

加えて、設定しておけば毎晩充電時に自動でバックアップしてくれる機能もあります。

iTunesを使ったバックアップ方法

充電用に付属しているLightningケーブルを使って、iPhoneをPC接続してバックアップする方法です。

 

この方法のメリットは、PCの空き容量に余裕があれば有料の追加ストレージを購入する必要がない点と、ネットワークのないオフライン状態でも作業ができること。

 

iCloudにも共通して言えることですがバックアップには一定の時間がかかるので、遠方出張での新幹線移動時など特定の状況では空き時間を利用してオフライン作業も可能です。

この記事を書いた店舗情報

横浜店

220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目9−9アネックス横浜 406号室

0800-800-5919

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中