2ファクタ認証

 

ダイワンテレコム大和店です。

 

 

iPhoneのセキュリティは万全ですか?

 

わたしたちの情報は常に危険にさらされています。

 

そこで登場するのが【2ファクタ認証】というもの!

iPhoneや使用しているApple IDを守ってくれる強い味方です。

今日は【2ファクタ認証】についてご紹介します♡

 

 

2ファクタ認証とは?

 

2ファクタ認証とは、iOS9より搭載された機能で、Apple IDを二重に守ってくれる強力な認証方式です。

 

2ファクタ認証を設定してあると、信頼している別のデバイスの画面に表示される6桁の確認コードをiPhoneに入力しなければログインできないようになっています。

ただ信頼しているデバイスというだけではログインを認めてくれないというわけです。

 

iPhoneで使用しているApple IDは大切な個人情報が保存されているiCloudにログインする際に必要になります。

また、無料有料問わずアプリや音楽、動画などのコンテンツを購入する際にも必要になります。

 

Apple IDは大変便利な反面、とても重要で個人情報を預かる鍵ということです。

その大事な鍵を危険にさらさないために登場したのが、【2ファクタ認証】になります。

 

 

2ファクタ認証のメリット

 

2ファクタ認証のメリットはセキュリティ面の強化です。

 

iPhoneに詰め込まれた個人情報を、いとも簡単に誰かに明け渡すわけにもいかないと思います。

万が一、iPhoneが紛失や盗難に遭ったとしても簡単に情報は漏洩できないようになっています。

信頼できるデバイスを設定しておけば、よくわからないデバイスからはiPhoneの中身にアクセスすることはできないようになっています。

 

そういった意味で、iPhoneユーザーには必ず必要な機能です。

Appleは過去にも【2ステップ機能】というものがありますが、【2ファクタ認証】は別物と考えてください。

 

 

2ファクタ認証のデメリット

 

ワンステップ設定が増えるということで手間もかかります。

ワンアクションで解決したことが2ファクタ認証を設定したことによって、アクションが一つ増えます。

たったそれだけのことでも、面倒くさがりな人にはかなり面倒な作業だと思います。

 

また、信頼できるデバイスに指定できるのが、iOS9以降が搭載されているiPhoneを含む、Appleデバイスのみになっています。

iOS9以降を搭載した他のデバイスがない方は2ファクタ認証を設定することができません。

 

また2ファクタ認証にはもうひとつ条件があり、2ファクタ認証を設定する際に必要となる【確認コード】です。

確認コードはSMSまたは電話番号で受信が可能になっていますが、そのためには電話番号を最低でも一つは登録しなければなりません。

上記に関しては、デバイスを用意することよりは難易度が低いのでクリアできる方が多いそうです。

 

 

2ファクタ認証の設定方

 

iPhoneの「設定」>「iCloud」>「Apple ID」をタップ。

iCloudにサインインしていない場合は、Apple IDとパスワードでサインインが必要になります。

 

次に、「パスワードとセキュリティ」>「2ファクタ認証を設定」

【2ファクタ認証】と大きく表示された画面が開いたら「続ける」をタップ。

ここで「ご利用のデバイス一部は2ファクタ認証の準備が完了していません」というメッセージが表示されたら、使用しているiPhoneのiOSが古いということなので、アップデートしてください。

 

Apple IDのパスワードの末尾に、確認するコードを入力する流れになります。

ここでは「このまま有効にする」を選択します。

 

次は電話番号の登録です。

ここでは信頼できる電話番号を入力し、「SMS」または「音声通話」のどちらかを選択します。

登録ができたら画面右上の「次へ」をタップし、少し経つと設定した電話番号宛に確認コードが届きます。

音声の場合は当然電話がかかってきて、アナウンスで確認コードが流れます。

 

いつまで経っても確認コードが届かない場合は、コード入力画面にある「確認コードを受信されませんでしたか?」とタップして、再度確認コードを送るように指示を出すことができます。

 

確認コードの入力が完了すれば初期設定は完了です。

「パスワードとセキュリティ」の「信頼できる電話番号」がオンになっていれば大丈夫です。

 

 

2ファクタ認証を解除する場合

 

2ファクタ認証が必要か必要ではないかは自分で決めることで、やはり必要ないと判断した場合は解除することも可能です。

 

2ファクタ認証をオンにする場合はiPhoneから簡単に設定できますが、オフにする場合はApple ID公式サイトからではないと、解除ができない仕組みになっています。

 

Apple ID管理サイトにWebブラウザからアクセスし、Apple IDとパスワードを入力してログインしてください。

この段階ではまだ2ファクタ認証がオンになっているので、信頼している別のデバイスに許可の通知が届きますので、「許可をする」をタップし、6桁の確認コードを入力してください。

 

次に「セキュリティ」>「2ファクタ認証を無効にする」をタップ。

 

次に画面右下にある「続ける」をタップし、Apple IDに設定してある、【秘密の質問の答え】【生年月日】【復旧用のメールアドレス】これらを画面の指示に従って入力していきます。

正しく入力できれば、2ファクタ認証の設定がオフに切り替わり、解除になります。

 

 

まとめ

 

2ファクタ認証を行ったからと言って、100%個人情報が保護されるわけではないので、一番は自分でしっかり端末の管理をすることです。

 

2ファクタ認証についてよくわからない、そもそも設定しているのかもわからない、などなど・・・

修理以外にも、iPhoneに対する疑問や、操作方法についてもお問い合わせを頂くことが多々あります。

是非ご遠慮なく、お気軽にご相談ください!

お力になれたら幸いです♡

 

 

本日もご来店お待ちしております。

この記事を書いた店舗情報

大和店

242-0017
神奈川県神奈川県大和市大和南1丁目2−15B

070-1519-1320

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中