Macの便利なキーボードショートカット Top5

Mac信者が選ぶ便利なショートカットキー Top5

 

こんににちは

アイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店です。

 

ショートカットは覚えるのが大変であまり使わない、という方も多いのではないでしょうか。

ですがキーボードから手を離さずに様々な作業を効率的にこなせるようになるので、是非ともショートカットを覚えて頂いてどんどん活用してほしいです。

慣れてしまうとショートカットなしでは生きていけなくなります(体験談)

コピーやカット、貼り付けは基本中の基本すぎて誰でも知っているので省略しました。

 

1位: Command + W (ウィンドウを閉じる)

CommandとWを同時押しで、アクティブなウィンドウを閉じることができます。

このショートカットはおそらく僕が最も使用しているショートカットです。

わざわざ小さなクローズボタンを押しに行かなくても、速攻でウィンドウを閉じられるので効率最高です。

 

ちなみにCommand + Option + Wでウィンドウを全て閉じます。

 

こちらも便利ですので是非活用してみてください。

 

2位: Command + T (新規タブ)

CommandとTを同時押しで、ブラウザ上で新しいタブを開くことができます。

正直1位にしようか迷いましたが、上のCommand + Wはブラウザじゃなくても使用できることが多く汎用性の面で優っているため、Command + Tは2位となりました。

ブラウザでネットサーフィンをしているときに、まだこのページを消したくないから新しくタブを増やすなんてことはめちゃくちゃ多いと思います。

そんなときにCommand + Tを使ってパパッと新規タブを開くと、とても効率的です。

3位: Command + Q (アプリを終了)

CommandとQの同時押しで、アクティブなアプリを終了させられます。

これもめちゃくちゃ便利です。

アプリをいくつも同時に立ち上げていると重くなってくるので、結構まめにアプリを終了させる方が多いと思います。

その時にいちいちアプリのアイコンを右クリックして終了を選択していたら面倒くさくてたまりませんね。

そこでCommand + Qを使うと一瞬でアプリをお片付けできてしまい感動しますよ。

ちなみにアプリが応答しなくなったときはCommand + Option + Escで強制終了できます。

 

4位: Command + Tab (アプリ切り替え)

CommandとTabの同時押しで、起動中のアプリケーション間で切り替えができます。

例えばブラウザで調べ物をしながら気になったところをメモするというときに、メモ系アプリとブラウザを切り替えるためにいちいちマウスで行ったり来たりしてたら疲れますよね。

そんな時にはこのショートカットを使用すればキーボードから手を離すことなく一連の動作が完結します。

非常に便利なので一応覚えておくことをお勧めします。

5位: Command + F (コンテンツ検索)

CommandとFの同時押しで、Mac内のファイルを検索できます。

また、ブラウザ上でCommand + Fをすると開いているページ内のコンテンツをキーワード検索できます。

「あっれー、あのファイルどこに保存したっけなあ」

そんなのときにCommand + Fでスマートに探し出せます。

他にも魅力的なショートカットはいくらでもありますので、気になった方は「Mac ショートカット」で検索してみると幸せになれますよ。

 

 

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中