iPhoneが大きくなって文字入力に苦労していませんか?

[2020/03/13]

こんにちは。

iPhone修理のダイワンテレコム大船店です。

 

iPhone 5やiPhone SEの世代と比べ、iPhone 6以降の世代はサイズが大きくなり、さらに6PlusなどのPlus系や、X・11などはより大きくなりました。

映像コンテンツなどを見る際には大変見やすく、美しい映像を満喫できるようになりましたが、一方で文字入力する際などには、片手で操作するのが難しくなってしまいました。

日本人は欧米人より手が小さい方が多く、まして女性は男性よりも不便なことが多いのだと思います。

 

そのような時に便利なのが、キーボードを右や左に寄せる機能です。

 

文字入力時の画面のイメージを掲載しましたが、その左下の赤色でマークアップした地球儀マークを長押しすると、次の画面イメージのような窓が現れます。

 

 

 

その最下部のキーボードマーク3つのうち、右側のマークに触れればキーボードが少しコンパクトになり画面の右側に、左側のマークに触れれば同様にコンパクトになり左側に寄せられます。

また、いったん寄せられたキーボードは、別のアプリに切り替えてもデフォルトで維持されます。

 

キーボードを元の大きさ・位置に戻したい時は、キーボードの横にある「<」などのマークに触れれば戻ります。

 

 

大きくなったiPhoneでも、キーボードをコンパクトにして片側に寄せれば、文字入力もスムーズで快適になりますね。

iPhoneのサイズアップで文字入力が難しくなってしまった方は、ぜひお試しください!

 

iPhone修理のダイワンテレコム大船店

神奈川県鎌倉市大船1-10-4 座間ビル2F

TEL:0467-55-5211

(平日)11:00~20:00

(日祝)11:00〜19:00

(土曜)定休日

 

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中