【映える写真を撮りたい!】いい感じの写真を撮るコツ!

[2020/03/25]

皆さんこんにちは!
ダイワンテレコム八千代店です。
本日は、iphoneのカメラ機能で写真を撮るコツをお話ししていきたいと思います。
最近はSNSなどでかっこいい写真やおしゃれな写真をよく見かけます。
皆さんも、おいしいスーツや、SNS映えしそうな場所を目の前にしたら自分のiphoneでカッコよく写真を撮ってインスタグラムやツイッターに投稿したいはずです!
しかし、実際にiphoneで写真を撮ろうとしてもSNSで見かけるようないい感じの写真にならず…
といった悩みをお持ちの方も沢山いらっしゃるはずです。
そこで、ぜひ一緒に映える写真を撮れるように勉強していきましょう!!

 

全体の構図がプロ並みに!?グリッドを使う方法

 iphoneのカメラ機能にグリッドというものがあります。

 このグリッドとは、撮影画面を9分割する機能です。

 iphoneでこの機能を使うと線が表れて画面を9分割する線が表れます。

 この線を基準に被写体の配置や遠近感を調整することで写真の印象がとっても変わるのでおススメです!!

 グリッドの機能を表示する設定方法は、「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」をONにする、といった手順を踏むだけです撮影した写真にはグリッドの線は映らないので安心して使ってみてください!!

 グリッドの線が表示されたら、次に実際にグリッドを使ってみましょう。

 まずに初めにグリッドの縦線に注目します。

 この縦線に合わせて被写体と背景を揃えていきます。こうすることで、被写体と背景が平行に揃うため、きれいな構図になります。

 横線も同様に、平行になるように調整をすることで、さらに写真のバランスが良くなります。

 次にマス目に注目します。

 グリッドを表示することで画面に9個のマス目ができます。

 このマス目に合わせて、被写体と背景を2:1または1:2になるように映します。

 こうすることで簡単に全体のバランスが良くなります。

 たったこの2つだけで簡単プロっぽいいい感じの写真になるのでぜひ実践してみてください!!!

 

雰囲気が変わる!?フィルターの使い方と明るさ調整

 グリッドを使っていい感じの構図ができたら、次にフィルターや明るさの調整をすることで全体の印象を変えていきます。

 フィルターの使い方は、まずiphoneのカメラアプリを開きます。

 次に、画面のはじっこにあるこのマークをタップします。

 すると、オリジナル、ビビット、ドラマチックといった写真のカラーを選択するバーが出てきます。

  この中から好きな雰囲気のカラーを選び、撮影するだけです。

 これだけで、撮りたい雰囲気の写真が簡単に撮影することができます。

 最後に明るさ調整をします。

 被写体の一番映したい部分をタップし、そのまま上下にスライドしてみてください。

 すると、上にスライドをすれば明るく、下にスライドをすれば暗くなります。

 この調整をすることで雰囲気や印象がガラッと変わるのでおススメです!!

 

 

 

 

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は簡単に映える写真が撮れる方法をまとめてみましたが、iphoneのカメラにはまだまだ色々な機能が備わっています。

例えば最近流行りのポートレートなど…

今回は取り上げてはいませんが、もしグリッドやフィルターを使う方法に慣れてきて、もっとクオリティを上げたい!と思ったら是非使ってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中