AppleがiOSデバイスを複数ユーザーで共有できるように模索中か

AppleがSecure Enclaveを活用することで、複数のiPhoneユーザーが別々のアカウントを設定したうえでiPhoneやiPadを共有できるようにする方法を模索していることが米国特許商標庁が認可したAppleの特許から明らかになりました。

Macは複数アカウントが既に設定ができる

Macでは複数のユーザーが個別にアカウントを設定していた場合も、他のユーザーがファイルや設定にアクセスしなくてもログインすることができます。

今回Appleが申請した新しい特許は、Macだけでなく、iPhoneやiPadでもそれが出来るようになるといった内容です。
詳細としては複数のアカウントを設定→それぞれに紐付けているパスコードや指紋などを保管できるようにする、といったものです。

Secure Enclaveを使用する可能性が高い

Appleではこれを実現するために「システムプロセッサとは別のプロセッシングシステム」を使うとしています。
T2チップの名前は挙げていないものの、「Secure Enclave Processor(SEP)」を含む可能性がある、とも記しています。
このSEPがAppleが考えている役割を担う模様です。

Appleの説明によりますと、
" Secure Enclaveとは「メインプロセッサから隔離されたハードウェアベース鍵管理機能を含む安全なコプロセッサで、セキュリティ層を追加するものです。Secure Enclaveは特定のバージョンのiPhone、iPad、Mac、Apple TV、Apple Watch、およびHomePodに備わるハードウェア機能」"と説明しています。

このシステムはiPhone5s以降、iPad Air以降に搭載されています。

このシステムが今後実装されますと会社で使用しているiPhoneやiPadであればかなり効率化ができそうです。
いつ頃になるかはまだ分かりませんが、期待したい機能ですね。

Source:iPhoneMania
Source:USPTO via AppleInsider,Apple

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町23−11KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中