折り畳み式iPhone登場か

朝霞・新座・志木・和光・さいたま市・戸田市近辺にお住いの皆さま!

新年あけましておめでとうございます!♪

iPhone修理のダイワンテレコム朝霞店でございます^^

 

いよいよ新年を迎えましたが、早速新型コロナウイルスによって

暗雲が立ち込めていますが、今年も皆様のお役に立てるよう

iPhoneの修理や最新情報を当ブログにて発信していければと思います!

どうか本年もよろしくお願いいたします!

 

さて、今回のブログはまさかまさかの『折り畳み式iPhone』についてです。

 

折り畳み式…!?ドーユーことや!?

 

と思う方も多いと思いますが、どうやらそういうことらしいのです。

早速、現時点で分かっている情報をお伝えしましょう!

フレキシブルなディスプレイ

2020年初頭、Apple社はフレキシブルなディスプレイがシワになるのを

防ぐように設計されたヒンジパーツの特許を取得。

 

折り畳み式のスマホは既にSamsungなどのメーカーから市場に投入されていますが、

ディスプレイがシワのようになるトラブルあり耐久性に悩まされているようです。

 

フレキシブルとは、直訳すると『柔軟性がある』『しなやかな』といった意味です。

意味の通り、Apple社は柔軟性があるディスプレイを開発しているようです。

 

でも私は正直未だ意味が分かっていません…(笑)

 

柔軟性のあるディスプレイ…????はて…???

 

デザイン

未だ正確な情報はリークされていませんが、噂によると初の折り畳み式iPhoneの

デザインは、現行モデルであるiPhone12に似ているということです。

発表・市場への投入は早ければ2022年には、という噂もあります。

 

また、肝心な『折り畳みの方向』は、現段階では諸説ありますが、

ガラケーのように上下方向ではなく、本のように横方向への折り畳み

なる可能性もあるようです。

 

なかなか面白いデザインになりそうですね!

横方向への折り畳みとなると、折りたたんだ時に棒のように縦長になるという

ことなのでしょうか?

手に持ちやすそうで個人的にはとても楽しみです!

 

当店ブログの筆者の一人である私は、2021年秋に発表が予想されるiPhone13への関心、

購買意欲がとても高いですが、こういった斬新なiPhoneが発表されると

とても意識が行ってしまいます(笑)

 

興味がそそられるので、また最新情報が耳に入りましたら当ブログで

皆様にその概要をお伝えできればと思います!

 

それでは、本年もiPhone修理のダイワンテレコム朝霞店をよろしくお願いいたします!

 

またのブログでお会いしましょう~^^

 

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

351-0005
埼玉県朝霞市根岸台3丁目20カインズ朝霞店 2F

070-1303-2774

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中