iPhoneの新モデルはLTPO搭載?高リフレッシュレート実現か

2021年新モデルであるiPhone12s Proシリーズ。(仮称ネームでありますが…)
この新モデルには120Hzリフレッシュレートディスプレイが搭載される見通しであることが情報としてあがりました。
この情報を投稿したのはロス・ヤング氏です。
同氏は業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)の最高経営責任者で今回の内容をTwitterに投稿しました。

低消費電力で高リフレッシュレートが可能なディスプレイ

ロス・ヤング氏によりますと、LTPO(低温多結晶酸化物)と呼ばれるディスプレイを搭載したiPhoneが2021年内に発売されると予想し、そのスマートフォン名をTwitterに投稿しています。
複数のAndroidスマートフォンの他にも、iPhone12s ProやiPhone12s Pro Maxの名前もあげています。

Samsung Displayが独占供給?

Samsung Displayの1社供給でiPhone12s ProとiPhone12s Pro Maxに「低温多結晶酸化物(LTPO) – 薄膜トランジスタ(TFT) 有機ELディスプレイパネル」が搭載されるといった噂が流れています。

このディスプレイパネルがが使用されることにより、高リフレッシュレート低消費電力を両立されます。
その点から次期新モデルであるiPhone12s ProiPhone12s Pro Max120Hzリフレッシュレートが実現される見通しとなっています。

次期新モデルであるiPhoneの名称をジョン・プロッサー氏が先日予想していただけではなく、ロス・ヤング氏も2021年モデルのiPhoneを「iPhone12s」と記し始めた点も、気になりますね。
2021年モデルのiPhoneがこのような名称になる可能性も高いかと思います!
今後も情報が出てきたら追っていきたいです。

Source:iPhoneMania
Source:Ross Young(@DSCCRoss)/YouTube

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町23−11KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中