iPhone 12s pro は動画がヌルヌル?

こんにちは!

 

多摩センター店スタッフです!

 

1月ももうそろそろ終わりですね。2021年が始まり1ヶ月...あっという間ですね。

 

早く春になってポカポカした陽気の下で生活したいです。

 

 

 

 

 

 さて、本日は「2021年発売予定のiPhone最新モデルの画面」についてご紹介させていただこうと思います!みなさんはお使いのスマートフォンでよく動画をご覧になられますか?私はというと、自宅にいるときや電車での移動中ずっと見てしまうほどです。そんな動画を見る習慣がある私たちにとっては快適に、綺麗な画質で動画をみられたらとてもありがたいですよね。

 

 

 それがなんと、次期モデルのiPhoneにはより動画を楽しんで鑑賞できる性能が秘められているそうなんです。それは、低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)ディスプレイという低温で作られた多結晶シリコンを採用したことにより動画が滑らかに再生されるようになります。LTPOディスプレイは電力の分散を抑え、画像を均一に表示することによって滑らかな動画を再生することができます。高グラフィックゲームのプレイや、フレームレートが高い動画にはとてもおすすめなディスプレイです。

高リフレッシュレートになるとどうなるの?

 気になるリフレッシュレートですが、現在のiPhoneシリーズではリフレッシュレートが60Hz(1秒間に画面が更新される回数)のため60fpsまでの動画しか楽しめませんでした。しかし、ipad proシリーズに採用されている「ProMotionテクノロジー」を次期モデルのiPhoneに導入できたらより滑らかな動画視聴が可能になります。現在iPad proシリーズでは120hzのフレームレートで動画を視聴できますが、iPhoneではまだその域に達していません。普段私たちが視聴しているTV番組は60Hzまでが限度の機体がほとんどです。

 

こんな小さな画面でも120hzのリフレッシュレートで動画が再生できるようになったらテレビよりもiPhone で動画を観たくなっちゃいますよね。

このディスプレイの提供元は?

このLTPOディスプレイの提供元はSamsung Displayからの提供となる見込みです。この Samsung製のディスプレイは高いリフレッシュレート省電力を兼ね備えておりiPhoneでも120hzのリフレッシュレートが実現される見込みとなっています。

 

高いフレームレートとリフレッシュレートが実現されたら動画もゲームもよりのめり込む程熱中してしまいそうですね。早くてもとのiPhoneでヌルヌル画質を楽しみたいです!

 

 

 

ご精読ありがとうございました!

この記事を書いた店舗情報

多摩センター店

206-0033
東京都多摩市落合1丁目11−2小田急マルシェ多摩センター2F

070-1271-7186

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中