iPhone12シリーズはペースメーカーから離さないといけない!?

[2021/01/27]

今回はAppleが発表した【iPhone12シリーズ】とワイヤレス充電システム【MagSafe】をめぐり、

ペースメーカなどの医療機器に影響を及ぼす可能性があるとして、機器から離して使うよう注意を促しました。

 

Appleはこれまでの安全情報でも、iPhoneに入っていて電磁場を発生させる磁石や無線通信機器が

ペースメーカや埋め込み型除細動器のような医療機器に干渉する可能性があると以前から警告していた。

 

詳しい発表によるとiPhone12シリーズの4モデルが従来のモデルより多くの磁石を内蔵していると指摘。

医療機器に干渉するリスクが従来のモデルより大きいわけではないとして医療機器からの距離を15cm以上、

ワイヤレス充電中は30センチ以上確保するよう呼びかけました。

 

以上の内容から公共機関のバスや電車の中でのiPhoneの使用は気を付けなければならないということがわかりました。

今まで新しいスマートフォンはペースメーカーに干渉しないなどの情報もありましたが、公共交通機関では優先席付近では

しっかりiPhoneの電源を切った方がいいかもしれません。

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中