iPhoneの寿命を縮めてしまう事ランキング

朝霞・和光・志木・成増近隣にお住いの皆様こんにちは!

iPhone修理ダイワンテレコム朝霞店でございます。

 

突然ですが皆さん

一日どのくらいiPhoneを触っていますか?

生活のあらゆる場面で活躍してくれて

恋人や家族より、一緒に過ごす時間が長いiPhone。

もはやなくては行きていけませんよね!?

 

そんなかけがえのないパートナーに対して

皆さん優しく出来ているでしょうか?

iPhoneにとって良くない事、していませんか?

 

そんなわけで今回は

ついついやってしまう

iPhoneの寿命を縮めてしまう事

ランキング形式でご紹介ししたいと思います!

 

第5位 充電を0%もしくは100%にする

これは意外ですね!

 

普通にやっちゃってるよって方も多いのではないでしょうか!

 

iPhoneのバッテリーにはリチウムイオンバッテリーが使用されています。

このリチウムイオンイオンバッテリーは電池残量が0%になってしまうと「過放電」状態となり、バッテリー内部にある電極が傷んでしまい、著しくバッテリーが消耗してしまいます。

 

その逆で100%になっているにもかかわらず充電を続けている事は「過充電」といい

過放電ほど罪は重くありませんが

こちらもバッテリーを消耗してしまいiPhoneにとってよくありません。

 

第4位 過酷な温度に晒す

 

これは気づかない間にしてしまっている事が多いかもしれません。

iPhoneに限らずスマホは精密機器ですので

極端な寒さや暑さに弱いです。

 

Apple社によると、iPhoneが正しく作動するための最適な周辺温度は

16℃~22℃だそうです。

例えば、暑い日に車の中に置きっ放しにしてしまったり

真冬の野外に長時間さらしたり。。

 

こういったことはもちろんiPhoneの寿命を縮めてしまいます。

第3位 充電しながら使用する

これ、ついついやっちゃいますよねー!

なぜ充電しながらiPhoneを使用する事が良くないかというと

 

iPhoneが熱くなるからです!

 

充電しているだけでもiPhoneは熱を発生します。

それに加えて使用で発生する熱が加わってしまい、発生熱が極端に高くなってしまうというわけなんです。

 

とくにyoutubeなどの動画系は電池の減りも早く、熱を多く発生させてしまうので

絶対におススメできません。

 

第2位 お風呂で使う

こちらもやってしまっている方、多いのではないでしょうか!

だって防水機能ついてるから大丈夫でしょ?っと思われるかもしれませんが

 

じつは注意が必要です!

 

そもそもiPhoneの防水機能というのは完全防水ではなく生活防水なのであくまで「水には弱い」というのが前提です。

お風呂の中って湿度が高いですよね?

水没はしてなくても、お風呂で長時間使用することにより当然お風呂の湿気がiPhoneの内部に入り故障の原因となる事も!

第1位 ひびや割れをそのままにする

堂々の第1位はこちらです!

 

iPhoneをおとして画面バキバキになってしまったら、さすがに修理に出すと思いますが

ちょっとしたひびや割れなどは使用に問題なければそのままつかってしまっている方、意外と多いと思います。

 

しかし!何度も言いますが、iPhoneは精密機械です! 

 

目には見えなくても、ひびの隙間から手汗などの水分が入ったり

ちょっとした割れの間にホコリが入ったりと

充分故障の原因となりえてしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

 

え!それがiPhoneによくない事だったの?と意外に思うものや

分かっているけどついついやってしまうものまであったのではないでしょうか!

 

大切なiPhoneになるべく負担をかけず

長く快適に使って行きたいですね!

 

とはいえ、iPhoneは精密機械ですので

いくら大切に使っていたとしても寿命はきます。

その時のためにも日頃からバックアップを取っておく事をオススメします!

バックアップの方法についてはまたの機会にお話させていただきます!

 

それではまた次回お会いしましょう(^^)

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

〒351-0005
埼玉県朝霞市根岸台カインズ朝霞3F

070-1303-2774

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中