iOS版Gmailアプリ、最新版であってもアップデート要求!?

GmailのiOS用アプリが、最新版であっても「最新ではない」といった状況になり、アップデートを促す警告を表示するといったなんとも奇妙な現象が発生しています。

なぜこのようなアップデートを促す警告が表示されるのか?その原因ですが、なんとGoogle自身がアプリを数カ月間にわたってアップデートしていない可能性があるようです!

最新版のアプリなのにアップデートの警告が

MacRumorsの読者であるスペンサー・デイリー氏により内容がわかりました。
”最新バージョン状態のiOS用Gmailアプリで新規アカウントを追加しようとすると以下の警告が表示される”とツイートされています。

このアプリを更新してください。ご利用のバージョンは、最新のセキュリティ機能が含まれておらず、安全な状態ではありません。リスクを理解している場合のみ、続行してください。

といった内容が表示されてしまいます。

また、日本語版でも同等内容がでてきてしまいます。

App Storeでのプライバシーラベル回避が目的か?

Googleが提供するiOS用アプリですが、実は数カ月間にわたってアップデートされていません

なぜGoogleがアップデートをしないのか?アップデートを配信していない理由としては、アプリが収集するユーザーデータの開示を定めたApp Storeのプライバシーラベルを回避するためではないかとの指摘があります。

しかし、同社はそれを否定するように1月初旬にアプリのアップデートを予告していました。
また、1月末にはトラッキングIDの使用をやめるとも発表をしていましたが、現在もアップデート配信がされていないままです。

 

昨年12月からGmailアプリはアップデートされていないまま

Gmailアプリのアップデートですが、2020年12月1日に公開された6.0.201115以降、配信がないままです。
App Storeの「Appのプライバシー」においても「詳細が提供されていません」と表示されています。

Google製アプリの中でも、YouTubeなど一部のアプリではプライバシーラベルが表示されるのですが、多くのアプリでは同様の状態が続いているままのものもあるようです。

iPhoneでGmailアプリを使用されている、今後使用される予定がある場合、このような警告がでてもビックリしてしまいますね…。
早くこういった部分もアップデート配信されて直ってほしいところです。

 

Source:iPhoneMania

Source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町23−11KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中