iPhone13Proでは120Hzディスプレイが搭載?

iPhone修理ダイワンテレコム池袋店です。今年のiphone12 proシリーズではipad ProのようなProMotion技術(120Hz対応ディスプレイ)が期待されながらも結局は不採用となりました。それが2-21年のiPhone13シリーズのうち、Proモデルで実現するという噂が伝えられています。

韓国のメディアThe ElwcによるとiPhone13に使用されるであろう有機ELパネルにはiPhone12シリーズよりも技術的に洗練されているとのこと。

 

具体的には+TPO技術を用いて120Hzのリフレッシュレートを達成すると述べられております。

120Hzのディスプレイというのはかなりぬるぬるに動くので目でも追いやすいですし、サクサク動くのでかなり、技術が進歩します。

 

ディスプレイ専門アナリストのRoss Young氏がiPhone 12 Proシリーズでは120Hz表示が実現しないと主張したのは、アップルがまだLTPO技術を導入できない(2020年内はサムスンのみが採用できる)と分析していたためです。そして2021年のiPhone 13 Proでは導入可能となり、120Hz表示もそれに伴いやって来ると予想しています。

 

何度も幻に終わっているapple Pencilが使えるiphoneの夢がかなう可能性もあるかもしれないですね。

source:engadget

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中