iPhoneの指紋認証と顔認証はどっちが便利?

iPhoneのロック解除機能は日々進化をしております。昔はパスコードロックだけでしたが、iPhone5SからtouchIDが搭載され、iPhoneXからはFaceIDが採用されております。2020年5月に発売されたiphoneSE第2世代では指紋認証が再び搭載されました。根強い支持があることから改めて浮き彫りになった印象です。顔認証や指紋認証にもどちらにも利点があるという見方が出来ますね。

 

指紋認証が便利な状況とは?

指紋認証が便利な状況といえば、マスクをしている時などでもすぐに解除できることです。

それ以外にもスマホ決済をするときや机に置いたままロックの解除が可能です。

右手と左手のどちらの指紋も登録することで様々な状況で対応することが可能です。

 

顔認証が便利な状況とは?

顔認証は現在、新型コロナの影響であまり使われてない印象ですが、利点あるのです。

持ち上げただけで認証出来るので本来はかなり便利なロック解除機能なのです。

手が濡れている場合にも顔認証でロックが解除出来たりするので、料理や仕事をしている時でも役立ちます。

 

自分の生活スタイルにあったスマホを使おう!

こう見てみると、どちらにも利点がありますよね。利便性は甲乙つけがたいところです。外出時にマスク着用の機会が増えてきているため、より使いやすい認証機能が求められていることは間違いありません。現在ではiPhoneの機種によって顔認証と指紋認証のいずれかの認証方法になるが、生体認証を設定しないことで、従来のパスコード認証を使うこともできます。

source:TIME&SPACE

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中