iPhone13Pro「超広角カメラ」の性能向上

iPhone修理ダイワンテレコム池袋店でございます。

今秋発売が噂されているiPhone13Proの超広角カメラにはセンサーシフト光学式手振れ補正が採用される可能性があるようです。

全モデルに採用される可能性

Appleがセンサーシフト光学式手ブレ補正を採用したのはiPhone12Pro Maxが初でした。

iPhone12Pro Maxには広角、超広角、望遠と3つのトリプルカメラ構成でしたが、そのうちの広角カメラのみがセンサーシフト光学式手ブレ補正を採用していました。

iPhone13シリーズではPro Maxのみでなく、全モデルでこの補正機能が広角カメラに採用される可能性があるようです。

Proシリーズは超広角カメラにも採用

DigtTimesはセンサーシフト光学式手ブレ補正に加えてオートフォーカスもiPhone13シリーズには採用されると伝えています。 

ようするにiPhone13ProとiPhone13Pro Maxについては広角カメラと超広角カメラの2つのカメラにセンサーシフト光学式手ブレ補正とオートフォーカスが搭載される事になります。

カメラ性能の向上が続いているiPhoneですが、どこまで進化していくのでしょうか。

 

引用元:DigiTimes

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中