21年1月の中国でのiPhone出荷台数は前年比1.5倍に。

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店でございます。

日本ではiPhoneを持っている方が約半数、androidを持っている人も約半数といった国だったりします。世界ではこのようなことはかなり珍しく、ブランド志向やみんなと同じものがいいといったお国柄が現れているのかなと思ったり。


そんな中、お隣の国中国では、2020年のiPhone出荷台数よりも21年度の1月のほうが出荷台数が伸びているとのこと。今回は好調なアップル製品のお話をさせていただきます。

iPhoneの供給が需要に追いつく

中国における2021年1月のiPhoneの出荷台数は、前年同月比150%増と推定されるとのこと。

モルガン・スタンレーのアナリストであるケイティ・ヒューバティ氏は、iPhoneの供給が需要に追いついたと考えています。

アップルは2020年10月~12月の決算説明会で、中国からの収益が過去最高を記録したと報告していますが、ヒューバティ氏は2021年第1四半期(1月~3月)も好調な需要を維持するだろうとしています。

 

インストールベースで2位のシェアを維持

実際に使用されている(インストールベース)スマートフォンの数では、首位はHuaweiで32%についで、アップルは中国において2位の20.3%のシェアで、2021年1月まで5カ月連続で増加しているとのことです。

最も人気のある5モデルのiPhoneのうちの2モデルはiPhone12とiPhone12 Pro Maxであるとのことで、iPhone12シリーズの需要の高さを示していますね。

 

source:Appleinsider

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中