iPhoneからAndroidに乗り換えている割合は?

こんにちは

ダイワンテレコム池袋店です

 

iPhoneとAndroid、実際iPhoneの所持率が多いですよね。売上もトップを走っているアップルですが、アップルユーザーは熱狂的なファンが多くAppleモデルのものを揃えたりAppleモデルという理由で買うユーザーもいます。

しかし、実はiPhoneユーザーはそこまで多くないのではないかというデータがAppleとEpic Gamesとの裁判で明らかになりました。

 

AppleとEpic Gamesの裁判について

海外Apple関連メディアの9to5Macが5月3日に報じ、裁判所が電話傍聴システムをミュートすることに失敗し、大勢の傍聴者が発言したという大事な裁判になりました。

Epic Gamesは「フォートナイト」を運営している会社です。Applestoreでは開発者側に手数料が発生するのですがそれを回避するためにEpic Gamesは直接課金システムを導入、Applestoreからアプリを削除されたことが始まりでした。

その後Epic Gamesが反対運動などをしたりAppleとの溝が深くなり裁判が始まりました。

Androidへの乗り換えは約26%も

 

明らかになったデータはApple自身から提示されたものでした。

データによると、2019年から2020年の間の各四半期において、12%~26%のiPhoneユーザーが別のデバイスに乗り換えたそうです。

最大の26%のユーザーが乗り換えたのは2020年第1四半期(1月~3月)と2020年第2四半期(4月~6月)ですが、これは新しいiPhoneが登場するシーズンの前にiOSを捨ててAndroidに乗り換える人が多いことを示しています。

 

iPhone12シリーズの発売が近づいた2020年第3四半期(7月~9月)には、iPhoneからAndroidに乗り換えたユーザーの割合は12%まで低下しています。

 

逆にAndroidからiPhoneへ乗り換えたユーザーの割合は提示されていなかったようです。Android Authorityの独自の調査によると、読者の約4分の1がiPhoneを無料でもらえるなら乗り換えると回答しています。しかしながら、43%弱の人はiPhoneへの乗り換えを全く検討していないそうです。

 

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧