iPhoneの販売台数、iPhone12シリーズが63%を占める

いつもご覧いただきありがとうございます。

iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店です。

 

2021年第2四半期(4月~6月)のiPhone12シリーズの売上がiPhone全機種の総売上の63%を占めている事が分かりました。しかし、iPhone12シリーズの中でもiPhone12miniだけはシェアのわずか5%しかなかったようです。

iPhone12シリーズシェアの63%を占める

アメリカの市場調査会社であるConsumer Intelligence Research Partners(CIRP)によると、2021年第2四半期におけるiPhoneの機種別販売台数シェアは、iPhone12シリーズが全体の63%を占めている事が分かりました。

 

個別の機種ではiPhone12 Pro MaxとiPhone11がそれぞれ23%のシェアを占めており、高価なiPhone12 Pro Maxがよく売れていることで、米国加重平均小売価格(US-WARP)は869ドル(約95,430円)と、前年同期に比べてかなり上昇しました。

 

一方、最もシェアが小さかったのはiPhone12 miniとiPhone XRでそれぞれ5%でした。

 

iPhone12 miniの不調についてはティム・クックCEOも認めており、すでに製造が終了しているとの情報もあります。

iPhoneユーザー、約3分の1が同機種を3年以上使用

今回の調査と合わせてiPhoneユーザーが同一機種を何年間使い続けているかの調査も行われており、37%が2年以下だったのに対し、30%は3年以上使っていたそうです。

 

iPhoneの販売経路については、販売台数の27%はAppleのオンラインストアまたは実店舗のApple Storeで購入されています。

 

これは、過去最高だった2020年9月の21%に比べて大幅に増加した値です。

source:9to5Mac

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧