iPhoneのお手入れに注意?!

 

皆様こんにちは。

iPhone修理ダイワンテレコム新宿本店です。

本日は、新型コロナウイルスの感染者が増加している中、皆様がご利用されているiPhoneのお手入れ方法についてご紹介したいと思います。

アルコールの利用は大丈夫?

 

現在、新型コロナウイルスの感染が再度広がりつつある中、日常で利用されているiPhoneを帰宅時にクリーニングをしている方も多いのではないでしょうか?

その中で多く利用されている液体は、「アルコール」かと思われます。

「そもそも精密機器にアルコールは大丈夫?」「濡れたもので拭いて大丈夫?」と心配な方もご安心ください。

 

結果としては“大丈夫”です。

しかし、アルコール成分は70%までとして、優しくふき取るようにクリーニングしましょう。

アルコール成分が70%を超えたもの使用すると特殊なコーティングが剥がれてしまい、今まで以上に傷が付きやすくなるため注意が必要です。

漂白剤や過酸化水素を含む製品の使用と洗剤の中にiPhoneを浸すのは、故障するので絶対に行わないでください。

クリーニング手順

 

Appleの公式ページで紹介されているクリーニング手順をご紹介いたします。

iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max に関しては、マット仕上げの背面ガラスが使用されております。

iPhone12、iPhone11、iPhone SE (第 2 世代)、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusは光沢のある背面ガラスが使用され、どちらも手触りのいいものとなっておりますが、背面ガラスに色移り(デニムや特殊な素材など)が出てしまった場合でも、ほとんどは取り除くことが出来るようになっているとの事でした。

 

しみやその他の損傷の原因となるもの (埃や砂、インク、化粧品、石鹸、洗剤、酸や酸性の食品、ローションなど)についてはすぐに取り除く必要があり、下記の方法がガイドラインとされております。

 

①ケーブル類をすべて外して、電源を切ります。

②糸くずの出ない柔らかい布 (レンズクロスなど) を少し湿らせて使用します。

③それでも素材が取れない場合は、“糸くずの出ない柔らかい布”を「温かい石鹸水」に浸して使います。

④開口部(上下のスピーカーや充電コネクタなど)に湿気が入り込まないように注意してください。

※洗浄用品やエアダスターは使用しないでください。

 

上記以外の洗浄用品や研磨剤などを利用すると特殊なコーティングが剥がれ今まで以上に傷つく可能性があるとの事でした。

その他のiPhone7~iPhoneSEなどの製品についても上記のガイドラインとなっており、付着した際には開口部からの湿気には要注意となっております。

首都圏でも再度拡大している新型コロナウイルスの感染対策として、日常で利用しているiPhoneを正しい手順で除菌して予防していきましょう。

source:Apple

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中