大手キャリア新プラン比較

みなさんこんにちは!ダイワンテレコム朝霞店でございます♪

 

菅政権の携帯電話料金要請を受け、ついに先日NTTドコモが新料金プラン

『ahamo(アハモ)』を発表しました。

 

2021年3月から利用開始が予定されるこの新プランの最大の特徴は、

月額2,980円(一月の通信使用容量上限20GB)』というものであります。

この料金の中には、一回あたり5分までの通話が無料というプランも含まれています。

 

新規契約事務手数料や機種変更手数料、また番号移転手数料も無料であり、従来の料金

設定と比べるととても明確でわかりやすい形態となっていますね!

 

 

一方でahamoの全ての手続きがインターネット上限定となっており、docomoショップ等での

手続きが行えないのです。

その背景には、店舗でのコストをなくすことでここまでの料金を実現していることが

見受けられますね!

 

大手3社の動き

NTTドコモが新料金プランを発表したことで、au、ソフトバンクにも動きがあるようです。

 

auはNTTドコモに引き続き、新料金プランを発表しました!

auは様々なコンテンツサービスを同梱した、所謂「バンドルパック」を拡充させていますが、

そこに新たなプラン『データMAX 5G with Amazonプライム』を発表したのです。

 

従来の「データMAX 5G」プランに、AmazonプライムとKDDIとテレビ朝日が

共同で運営する「TELASA」を同梱。

料金は月々9,350円で、使用通信容量が2GBの場合、自動的に1,500円割引されるようです。

 

 

NTTドコモの新プランと比較すると一見見劣りしますが、割引キャンペーン対象を

フルに活用すると月々の料金は6160円まで下がるようで、そこにさらに

Amazonプライム等もセットになっていると考えると、

 

意外とありなのかも…?

 

 

 

ソフトバンクにはまだ大きな動きは見受けられませんが、同系列の

格安ブランド「ワイモバイル」にて、2020年12月下旬から新料金プランの

提供を開始するようです。

 

分かっている内容は、

・データ通信容量「20GB」

・10分以内の国内通話「無料」

・月々利用料金「4,480円」

 

ということになります。

 

また、ウェブ窓口(My softbank/My Y!mobile)や店頭(ソフトバンクショップ/

ワイモバイルショップなど)やコールセンターを含む全ての受け付け窓口における

MNP転出手数料を、来春を目途に完全撤廃するようです!

 

今後の大手キャリアの動き

NTTドコモの新プラン『ahamo』の登場により、今後の大手キャリアの

料金プラン戦争はさらに激化する可能性もあるでしょう!

 

この調子でどんどん安くなってくれれば消費者の立場からは助かるんですけどねぇ…

しかし安く過ぎのジリ貧価格レースになってはそもそもの品質(サービスの質)

の低下に繋がりかねないので、上手くことが進んでいくことを今は願うしかないのでしょう。

 

また関連ニュースが入り次第、お伝えできればと思います!

 

それでは本日はこの辺で、またお会いしましょう~^^

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

〒351-0005
埼玉県朝霞市根岸台カインズ朝霞3F

070-1303-2774

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中