iPhone12で5Gを利用!各キャリアの5G対応エリアをチェック!

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店でございます。

Appleから発表されたiPhone12シリーズはiPhone史上初の5G対応として非常に注目を浴びています。

しかしiPhone12を購入して5Gを、すぐにどこでも利用出来ると思っていませんか?5Gの全国的な普及には、しばらく時間を要すると言われています。

今回はNTTドコモ、ソフトバンク、au(KDDI)の5G対応エリアの確認方法をご紹介します。

 

5Gの特徴

そもそも5Gとは何なのでしょうか。

簡単に特徴をまとめると「高速・大容量」「低遅延」「多数接続」といったところです。

5Gの通信速度は最大で4Gの100倍ともいわれています。

5Gを利用する事で4Kや8Kなどの高解像度の動画やゲームでも素早くダウンロードが可能になるだけでなく、将来的には遠隔医療やインフラなどでも活躍する予定です。

 

iPhone12シリーズ全て5G対応

Appleが発表したiPhone12シリーズは合計4機種。

iPhoneの同時発表の台数としては過去最多となりました。

そしてiPhone12シリーズ全てが5Gに対応している事も発表され、新たな歴史が始まろうとしています。

5Gのサポートについて日本ではNTTドコモ、ソフトバンク、au(KDDI)が紹介されましたね。

将来的には全国どこでも5G通信が利用できると思われますが、現時点では5G通信が利用できるエリアは限られています。

そこで、5G通信対応キャリアであるNTTドコモ、ソフトバンク、au(KDDI)の5G対応エリアの調べ方をご紹介させて頂きます。

 

5G対応エリア:ドコモ編

NTTドコモが公開している5G対応エリアはマップ形式ではなく一覧表となっています。

東京都で5Gが対応しているエリアは東京駅やスカイツリーといった主要施設と以下の一部の住所となっています。

 

・新宿区西新宿2丁目周辺

・千代田区岩本町3丁目周辺

・千代田区神田東紺屋町周辺

・品川区東品川1丁目周辺

・江東区青海2丁目周辺

・豊島区北大塚1丁目周辺

・豊島区巣鴨3丁目周辺

・江東区青海2丁目周辺

 

尚、ドコモの全国の5G対応エリアは以下のリンクで確認できます。

「ドコモ5G対応エリアをチェック」

 

2022年3月末までには基地局を2万局以上に広げる見通しとの事。

 

5G対応エリア:au編

auの5G対応エリアはマップ形式で公開されています。

写真のように対応しているエリアは赤い丸印が付いており、黄色の丸印は2020年秋以降に5Gの利用が可能になる予定スポットです。

 

確認してみましたが、全国的には主要都市の一部のみとなっています。

auの5G対応エリアは以下でチェックしてください。

「au5G対応エリアをチェック」

 

2021年3月に1万局、2022年3月には2万局超の基地局設備を目標に進めています。

 

5G対応エリア:ソフトバンク編

ソフトバンクの5G対応エリアもマップ形式で公開されています。

紫色の部分が現在5Gが利用できるエリアで、黄色の部分は2020年秋以降に利用可能予定のエリアです。

赤の部分は、4G/4G LTEのみのエリアです。

ソフトバンクの全国における5G対応エリアは以下よりご確認ください。

「ソフトバンク5G対応エリアをチェック」

 

2021年12月までに人口カバー率90%達成を目指しています。

 

 

5Gの全国普及はまだ先か

5G通信は新しい通信規格ですので、全国的に見ても、現在5Gが利用出来るエリアはほんの一部となっています。

3キャリアは概ね2年で高い普及率を目指しています。

しかし早い段階でカバー出来れば利用者は増加する事が考えられる為、今後は激しい競争となり、予定よりも早い全国的な普及という事も考えられるとは思います。

iPhone12を購入して、どこでもすぐに5Gが利用できるようになるという訳ではないようなので、ご自身の地域が対応しているかチェックして購入の参考にして頂ければと思います。

 

引用元:NTTドコモ

引用元:au(KDDI)

引用元:ソフトバンク

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧