スマホで手ブレのない動画を取るためにオススメのジンバル【ビデオ撮影】

 

 

上の動画は、スマホ用ジンバルスタビライザーを比較した動画です。

 

ジンバルとは、水平垂直方向の動きを電子制御して滑らかなブレのない映像を撮影できる機材のことです。

 

簡単にいうと、超強力な手ぶれ補正の役割をします。

 

上の動画をみていただくとお分かりかと思いますが、全力で走りながら撮影しても映像にはブレがほとんどありませんね。

 

このように、スマホの貧弱な手ぶれ補正機能をサポートしてくれるのがジンバルです。

 

自撮り棒が少し太くなった程度なので、リュックであれば普通に入る大きさなのが魅力です。

 

最近は旅行動画を撮影して、それを編集してYouTubeやInstagramに投稿するというのが流行っていますが、ジンバルを使えば他の動画とは一線を画した魅力的な動画が撮影できるでしょう。

 

 

おすすめジンバル2つ

今回はスマホ向けのおすすめジンバルをご紹介します。

 

購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

ド定番「DJI Osmo Mobile2」

スマホ向けジンバルと言えばコレ!という人も多いど定番機種の「DJI Osmo Mobile2」。

 

新作の2の前の機種からずっと大人気のシリーズです。

 

スマホ向けのジンバルを探している人はこれを買っておくとまず間違い無いです。

 

専用のアプリがリリースされていて、アプリを使うとオートモーショントラッキング(自動追尾)撮影が可能です。

 

また、タイムラプス撮影機能を搭載しており、定点長時間撮影ができるのが魅力です。

 

スタビライズ機能は3軸で、本格的な撮影用途にも耐えられる仕様です。

 

値段は16,000円で、スマホ向けジンバルの中では標準的な価格設定となっております。

 

大人気の最新機種「Zhiyun Smooth 4」

Osmo Mobileに続いて定番となっているのがZhiyun Smoothシリーズです。

 

今回ご紹介するのは最新機種の「Zhiyun Smooth 4」。

 

基本的にはOsmo Mobileと性能は同じなのですが、こちらは完全日本語対応しており、英語が苦手な方でも使いやすいという長所があります。

 

また、Osmo Mobileよりも軽量で、手軽に持ち運びすることが可能です。

 

価格はOsmo Mobileと同じ16,000円。

 

また、Zhiyunは低価格ジンバル「Zhiyun Smooth Q」も販売しており、Smooth 4が少し高いと感じる方は性能を落としてSmooth Qの購入を検討してもいいかもしれませんね。

 

もっと安いジンバルは無いの?

ここでご紹介したジンバルは2つとも価格が1万円以上となっており、少々高く感じるかもしれません。

 

もっと安いジンバルがあればいいなと思う方も多いでしょう。

 

実は低価格のジンバルもあるのですが、ほとんどブレが改善されないものが多く、安物買いの銭失いとなる可能性が非常に高いのです。

 

そのため、ジンバルの購入を考えている方には、ノーブランド品の低価格ジンバルではなく、ある程度知名度のある1万円以上のモデルを購入することを強くお勧めします。

 

もしジンバルが高くて予算オーバーとなってしまったという人は、iPhoneやAndroid向けにリリースされている「Filmic Pro」というアプリがおすすめです。

 

価格は1000円前後(時期によって変化します)で、強力な手ぶれ補正機能を利用して撮影することが可能です。

 

また、色味や明るさ、焦点距離などを全てマニュアル操作できるので、Filmic Proを使うと簡単に本格的な撮影が始められます。

 

ぜひ試してみてください。

 

こちらがFilmic Proを仕様したiPhoneの動画です。

 

source:OMNICORE

この記事を書いた店舗情報

自由が丘店

152-0035
東京都目黒区自由が丘1丁目28−8デパート B1F

03-6421-1285

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧