iPhone9か?2020年春にiPhone 8の更新版が発売?

 

こんにちわ。ダイワンテレコム梅田駅店でございます。ここ最近新しいiPhoneが発売されるなどの噂があったりしますが、確実な情報はわからないので混乱してしまいますよね。

 

台湾メディア「Economic Daily News」が伝えるところによると、Appleは、2020年3月にiPhone 8の後継モデルの発売を予定しているとの事です。

このモデルは、「最後のホームボタンiPhone」と呼ばれ、現行ラインナップではホームボタンを搭載する最後のiPhoneとして、未だに高い人気を博しています。

その後の「X」シリーズは端末価格が高騰し、手頃な買いやすい価格レンジの新型iPhoneがありませんでしたが、このニューモデルは、iPhone 8のデザインを踏襲すると見られ、価格は、650ドル(7万円前半)程度で、新興国での需要を狙った価格設定となっているとの事です。 

 

A13搭載、128GBストレージ、シングルカメラ仕様

新たなiPhone 8を「Economic Daily News」では「更新版iPhone 8」と呼んでおり、チップは2019年秋デビューの「A13」を搭載するものの、カメラはシングルのままで、最小ストレージを128GBに拡大するとしています。

このところ、iPhoneの販売が芳しくないせいか、様々な新型iPhone発売のニュースが伝わってきていますが、果たしてこの「更新版iPhone 8」は実際のリリースに至るのでしょうか。

「更新版iPhone 8」については、あくまでもiPhone 8であって、空き番になっている「iPhone 9」と言う呼称は使われないようですが、別記事で紹介した、iPhone SEの後継モデルとされる「iPhone XE」も含めて、本当に発売される事になれば、楽しみなモデルになりそうです。

先ごろ発売された、「iPad Air」「iPad mini」がいずれも、Touch ID内臓のホームボタンを装備していた事から、「更新版iPhone 8」(あるいはiPhone 9)が、Touch ID内臓ホームボタンを搭載するとする予想は、あながちでたらめとは言えない状況です。

Photo:iPhoneMania

source:Apple

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中