iPhoneのパネルをタッチしても反応しない

パネルをタッチしても反応しないのは外部的要因かもしれない?

 

まず1つ目は、保護フィルムです。

保護フィルムは傷や汚れから守ってくれるものですが、あくまでも保護フィルムが代わりに傷や汚れを受けています。たくさん傷や汚れがつきすぎると、パネルに指の動きが伝わりにくくなっています。

保護フィルムはこうしたデメリットもありますので、定期的に交換することをおススメしています。

 

次の2つ目は、パネル自体の不具合です。

画面が割れていると、パネルはうまく指を反応しません。また、誤って踏んでしまった場合や不自然な力が加わりパネルが曲がっているなどが本体内部の接触が悪くし、パネルをタッチしても反応しづらくなります。

画面自体が原因でパネルのタッチが反応しないときは修理しないと直らないかもしれません。

パネルだけが問題で画面交換で済むかもしれませんが、本体デバイスまで損傷がいっていますと費用が高くなりますので、早めに修理を出されるのが得策と思われます。

内部的要因でパネルをタッチしても反応しない

まず1つ目は、画面がフリーズしているときです。

画面がフリーズしているときは、当然触っても反応しませんので、iPhoneを強制終了することで解決するかもしれません。

 

次の2つ目は、アプリの開けすぎです。

アプリをたくさん開けていると内部の処理がうまく追いつかなって反応に遅れが生じます。なので、使っていないアプリをこまめに終了すると、処理も少しは早くなられると思います。

 

最後の3つ目は、ソフトウェアの不具合かもしれません。

画面フリーズでもアプリの開けすぎでなければ、iPhone内にあるソフトウェアの不具合かもしれません。ソフトウェアが不具合の場合は、まずは1度再起動してみてください。

それでも反応しなければ修理にもっていくしかありません。

 

 

この記事を書いた店舗情報

リーフウォーク稲沢店

492-8601
愛知県稲沢市長野7丁目1−2 リーフウォーク稲沢2F

0587-50-2566

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧